童顔というと、可愛らしいイメージや若く見られるといったメリットがある反面、「だからこそ」な悩みがあるのも事実ですよね。
とくに身に着けるアイテムによっては「余計に幼く見える」「あか抜けていない感じになる」なんてことも。

そこでこの記事では、「童顔の女性」が避けたいファッションアイテムについて解説していきたいと思います!

(1)キャラクターTシャツ

『キャラクターもののTシャツってなんだか幼く見えがちだよね』(30歳/販売)

1枚でもインパクトのあるキャラTシャツは、カジュアルファッションの必需品ですよね。
お気に入りのキャラを身に着けることができる一方で、甘さや幼さが強調されるアイテムなので、童顔さんは避けた方がベターです。

それでもお気に入りのキャラTシャツがある場合は、黒スキニーと組み合わせるなどできるだけシンプルにまとめるとバランスが取りやすくなります。

(2)大人っぽいセットアップ

『童顔の人が大人っぽい服を着ると余計童顔が目立つよね』(28歳/企画)

童顔を隠すためにあえて大人っぽいアイテムをチョイスする、なんてことがあるかもしれませんが、あまり大人っぽいアイテムだと逆に浮いてしまうことも。
とくにセットアップは大人っぽさがより強く出るアイテムなので、「服に着られている感」が出てしまう可能性があります。

セットアップを着るなら、スウェット生地のものやデザインがカジュアルなものをチョイスしてみるとしっくりくるかも。

(3)白のシフォントップス

『白いレースが子どもっぽく見えてしまう』(29歳/サービス)

女性らしいフォルムがキュートなシフォントップスですが、これも童顔さんは避けた方がいいアイテムです。
とくにレースが多めのものや白いシフォントップスなどは、顔の幼さが際立ってしまいます。

童顔さんが白のシフォントップスを着用したい際は、大ぶりのアクセサリーなどで印象を引き締めるとGOOD!

(4)キャップ

『キャップってちょっと少年っぽいから童顔の子が被るとそれが際立つね』(31歳/飲食)

オシャレ小物として手の出しやすいキャップは、季節を問わず活躍するアイテムですよね。

しかし童顔さんにとっては、一歩間違えると子どもっぽさ・少年っぽさが出てしまうため、コーディネートがちぐはぐな印象になる場合があります。
そんな時はヘアアクセサリーやヘアスタイルで「抜け感」を演出してあげるのがオススメです。


「童顔の女性」が避けたいファッションアイテムとして、主に気をつけたい4点をご紹介してきました。
「避けたいアイテム」とありますが、もちろんコーディネート次第では上手に着こなすことも可能です。

自分なりの着こなし方を見つけて、もっとオシャレを楽しみたいですね!

(恋愛jp編集部)