彼とのハグはともて幸せな気持ちになりますよね。
いつでもくっついていたいっていう女性も多いかもしれません。

しかしタイミングが悪ければ、彼には不快なハグになるかも。
そこで今回は、男が焦る「ハグのNGタイミング」を紹介していきます。

(1)公共の場

『みんな見てるから恥ずかしいよ。別に外でハグする必要ないよね』(31歳/公務員)

デート終わり、彼と離れるのが寂しくて電車のホームでハグ……。
ドラマのような美しい光景になるはずが、彼は恥ずかしくてやめて欲しいって思っているかも。

人目が多い公共の場でハグすることは、みっともないと思っている男性は多いもの。
知り合いに見られる可能性もあるので、ハグする時は2人っきりの時にしましょう。

(2)友人と一緒の時

『友達に後で冷やかされるからやめて欲しい』(25歳/サービス)

彼の友人と一緒にいる時のハグはNGタイミング。
恥ずかしいと思うので、友人の前でイチャイチャすることは控えたほうがいいみたい。

男性は、友人の前と彼女の前では対応やキャラが違う場合があります。
いつもはハグ大好きな彼でも、友人の前ではやめておきましょう。

(3)集中している時

『邪魔されるとイラっとする』(30歳/SE)

仕事をしている時、趣味のことに没頭している時など、何かに集中している時はNGなタイミング。
誰しも集中している時に茶々を入れられると、イラっとする時がありますよね。

どんなに好きな彼女であっても、タイミングを間違われるとイラっとするもの。
集中している時は、そっとしておいてあげるのも彼女の役目ですよ。

(4)汗をかいている時

『汗臭いからヤメテ!ってなる』(29歳/営業)

仕事帰りなど汗をかいている時は、ハグして欲しくないタイミング。
汗臭くないかな……と気になって仕方がないから。

自分の匂いが気になる時は、ハグしても気になってしまい幸せは感じません。
「彼の汗なんて別に気にしないよ」っていう彼女であっても、彼本人は気になってしまうものなので、気持ちを汲んでハグは控えてあげましょう。


タイミングを間違うと、嫌なハグとして印象に残ります。
自分の気持ちばかりを優先するのではなく、彼の気持ちも考えるようにしましょう。
幸せなハグにするには、タイミングも大事ですよ。

(恋愛jp編集部)