今回は、男性を惑わせる上手な手のつなぎ方を4つ解説していきます。
もしかするとつなぎ方を意識するだけで2人の距離は一気に縮まるかも……?
付き合いたてのカップルでも挑戦しやすい方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)指先つなぎ

『指先だけ絡ませて手をつなぐと控えめだけどドキドキする』(28歳/販売)

指先だけを軽く絡ませる指先つなぎは、恥ずかしがり屋な人にオススメです。
ガッツリつなぐのは恥ずかしくても、控えめに指先だけ繋ぐとなれば挑戦できる人も多いはず!
ちょっぴり初々しいですが、「逆にそれがいい」と男性からの意見も好評ですよ。

(2)恋人つなぎ

『やっぱり恋人つなぎがいいですね!』(30歳/サービス)

お互いの指をしっかりと絡ませて手のひらを合わせる恋人つなぎ。
そんな恋人つなぎは、ラブラブなムードを一気に高める上で役立ちます。
王道のつなぎ方ですが、男性から非常に高評価が多かったので意識しておきましょう。

(3)シェイクハンドつなぎ

『この繋ぎ方ならそこまで緊張しなくていいから楽』(28歳/建築)

手の平と平を合わせたシェイクハンドつなぎは、恋人関係をスタートさせたばかりの段階で実行するのがオススメ!
とても一般的な手のつなぎ方なので、リラックスした面持ちでドキドキした時間を過ごすことができます。
徐々に関係性を深めていきたい人は、このシェイクハンドつなぎからお互いの気持ちをすり合わせてみてはいかがでしょうか。

(4)バレないようにテーブルの下でこっそりと

『みんなと一緒にいるときにテーブルの下でこっそり手をつなぐと凄くドキドキする』(29歳/企画)

大勢で集まる機会がある場合は、テーブルの下でこっそり手をつなぐのもオススメな方法です。
バレてはいけないというシチュエーションが、彼のドキドキ感を高めるスパイスとなります。
飲み会で実行しやすい繋ぎ方なので、ぜひ勇気を振り絞ってアクションを起こしてみてくださいね。


男性は、基本的にどの繋ぎ方でもドキドキするようです。
しかしちょっとしたこだわりを加えれば、ラブラブな時間はさらに加速していきます。
手を繋ぐ際は、今回紹介した例を参考にして2人のデートをより濃密なものにしていきましょう。

(恋愛jp編集部)