男子の心を掴むには、LINEテクニックをマスターすべし!
昨今では、コミュニケーションの中心に来ることも多いLINE。
男子の特徴を知り、最適なコミュニケーション術を体得しましょう。

(1)頻度が多い

『あまりにも連絡してくる回数が多いとめんどくさくなってくる』(28歳/営業)

まずは男女のLINEトラブルとしてもっとも多い頻度問題です。
ほとんどの場合が、女子のLINE頻度が多すぎて男子が疲れるという構図を辿っています。

女子は男子より5倍くらい会話量が多いという事実を頭の片隅に入れましょう。
そして男子がうざくない程度のLINE頻度を体得するのです。

(2)返信催促

『返信を催促されるのってひたすらにうっとうしい』(29歳/コンサル)

「ねぇねぇ?」「何かコメントは?」と返信を催促するLINEはNG!
もう付き合っていて、ホットな関係の男女なら「かわいいな!」なんて思ってもらえますが、片思い中であなたが何者かがはっきりわからない段階だと、恐怖です。
追っかけ続けられると、男子はあなたを遠くへ追いやってしまいたくなります。

(3)自分からばかり

『一方的にガンガンLINEを送ってこられるとしんどい』(31歳/企画)

あなたからばかりLINEを送っていませんか?
返信の催促同様、一方的なLINEの発信は“女子から追われている”という男子の恐怖心に火をつけます、確実に。

あなたからばかりLINEを送っているとしたら、ひとまず違う男子を探す旅に出ましょう。
あなたの頭の中から彼の存在を消すのです。
完全に消え去った頃に、驚くほど積極的に彼から連絡が来るでしょう。

(4)だらだら続ける

『ダラダラと引き延ばされるLINEほどだるいものはない』(29歳/営業)

「でさー、〇〇はさー」とか「そういえば、〇〇だけどー」と、会話が終わることの寂しさからダラダラとLINEを引っ張るのは止めましょう。
正しくは、“このままだとLINE終わっちゃう”と感じる2、3歩前の盛り上がってるところで、「寝るねー」と潔く終わるのが◎!
“私が彼に追われている”という状況を意図的に作りましょう。


コミュニケーションの場はLINEですが、そこに共通するのは「男子は追われると逃げたくなり逃げられると追いたくなる」という、太古の昔から変わらない特徴です。
意図的に、“あなたが追いたくなる存在”になるよう、LINE術をマスターしてくださいね!

(恋愛jp編集部)