LINEは恋愛を成功に導くために効果を発揮する一方で、間違った方法でLINEをすると失敗してしまうこともあります。
LINEでの失敗を防ぐためには、いったいどのような方法があるのでしょうか。
そこで一瞬で「恋愛対象外になる」失敗LINEについてご紹介します。

(1)文字が小さい

『ちょっともう一昔前のイメージが強すぎておばさんっぽい』(30歳/企画)

女性の中には、「ぁぃぅぇぉ」など、小さい文字をよく使用する人がいます。
しかしそれは男性から見ておばさんという印象を受けることも。

昔流行ったからといって、現在もそのままの感覚でLINEをすると、失敗することにつながります。
そのため文字の打ち方には充分注意するよう心がけましょう。

(2)間違った言葉遣いが多い

『間違った日本語を使ってるのを見ると頭悪いんだなって感じる』(28歳/保育士)

最近は敬語を使えなかったり、誤った言葉を使う若者が多くみられます。
そうした間違った言葉遣いは、頭が悪いと思わせてしまうので、男ウケしないようです。
男性は本命にするなら頭の悪そうな人は選ばないので、LINEでの言葉遣いには気をつけましょう。

(3)自分を名前で呼ぶ

『自分のことを名前で呼ぶ子はムリ!』(29歳/営業)

女性の中には、LINEのときだけ自分のことを名前で呼ぶ人が多くみられます。
しかしそれは男性から見てイタイ女性と認定されてしまうことも。

自分を名前で呼ぶ女性は、ぶりっ子な印象を与えます。
そのため男性にぶりっ子でイタイ女だと思われないためにも、自分を名前で呼んでいる人は今すぐやめることをオススメします。

(4)誤字脱字

『誤字脱字が多いとバカっぽくて好きになれない』(31歳/弁護士)

LINEの誤字脱字が多いと、「酔っ払っているの?」と思われてしまいます。
そんなよくわからないLINEは返信する気が失せ、恋愛対象から外されてしまうことも。
そのためLINEを送る前に誤字脱字は充分チェックするよう心がけましょう。


一瞬で「恋愛対象外になる」失敗LINEを避けることで、気になる彼とのLINEを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)