服のチョイスがダサい女性は、女性のファッションについて疎い男性から見ても、そのダサさがはっきりわかってしまうもの。
そんなダサ女子になってしまうと、残念ながら恋のチャンスも逃すことが多くなります。

好きな人にドン引きされないためには、まずダサい女子についてよく知ることが大切です。
そこで今回は、男性が思わず目を疑いたくなるようなダサい女子について解説していきたいと思います。

(1)コーデが時代錯誤すぎる

『一昔前のファッションはやっぱりダサいよね』(28歳/営業)

まずダサい女性は、そもそもセンスが古いことが特徴的です。
時代錯誤なファッションが多く、平気で一昔前のトレンドを着こなしているパターンが多いもの。
だいぶ前に流行ったファッションアイテムばかりをチョイスしていないか、自分でもよくたしかめてみましょう。

(2)季節感がない

『季節感のないコーデってダサいよ!』(30歳/飲食)

ダサい女性は、コーデに季節感がありません。
夏でも冬のアイテムを着ていることが多く、男性を困惑させます。
厚手のパーカーやスカート、パンツなどを平気で着ていかないように気をつけましょう。

(3)誰が見てもわかる若作り

『年齢に合った格好してる方が絶対オシャレだから、若作りはやめた方がいい』(27歳/公務員)

ダサい女性は、実は誰が見てもわかるくらい、若作りなファッションになることが多いんです。
たとえば女子高生のようなミニスカートを履いていたり、キャラクターがプリントされたトップスを着ていたり……。
そんなアイタタなコーデを見れば、男性がドン引きしてしまうのももはや当然です。

(4)柄が喧嘩している

『合わない柄の組み合わせをしてるコーデはダサい』(29歳/建築)

ダサい女性は、服の組み合わせがそもそもあまり上手ではありません。
柄が喧嘩してしまうことも多く、平気でボーダーとストライプを使うなど、謎な組み合わせが多いんです。

もしくは明らかに相性の悪そうな花柄同士を使ったり、可愛い水玉柄と辛口なレオパード柄を使ったり……。
そんな見ていて疲れるような謎コーデにならないよう、柄物の組み合わせには気をつけたいところですね。


ダサい女性は、どれだけ人柄が優れていても、実はそれだけで男性からは恋愛対象外にされてしまうことも多々あります。
残念なファッションセンスのせいで恋愛のチャンスを失わないよう、最低限、以上のような服装にはぜひ注意しましょう!

(恋愛jp編集部)