着るだけで楽ちんにガーリーになれるアイテム「ミニワンピ」。
ファストファッションブランドなどでも手軽に買えるため、コスパ面でも心強いです。
今回は着回しやすさも重視した「ミニワンピ」をご紹介します!

(1)ヴィンテージ花柄

『レトロな雰囲気が、ミニでも派手さを感じなくていいですね』(30歳/公務員)

ワンピースといえば花柄が定番ですが、ミニ丈の場合は注意が必要。
可愛すぎる花柄だと「露出」のイメージが前面に出すぎてしまいます。

そんな時はヴィンテージ系の落ち着いた花柄をチョイス。
ミニ丈だけどやりすぎない、バランスの取れた着こなしが完成します。
ふんわりした素材を選べば男性ウケも抜群ですよ。

(2)デニム

『デニムのワンピースはヘルシー女子だね』(29歳/営業)

ヘルシーな印象を与えるデニム素材を選べば、可愛いカジュアルスタイルの完成。
こちらもやりすぎ感のない爽やかな着こなしが叶います。

また、デニムであればどんなアイテムとの組み合わせもしやすいですね。
オフショルやフリルのついたデザインを選べば、上品なコーデも作れます。

(3)ホワイト

『ちょっといいレストランでもデートできちゃいそうなエレガントさ』(33歳/コンサル)

シンプルで真っ白なワンピースは、いい女になれるアイテム。
小物をキャメルやブラウン、ベージュで統一すれば、一気にあか抜けた印象に。
ブラックと合わせればモード系になります。

ミニ丈の場合はブラックやピンクなどのインパクトのあるカラーを選ぶと、必要以上に強くなりがち。
爽やかなホワイトを選べば、どんなシチュエーションでも着られるでしょう。

(4)シャツワンピ

『ワンピースで着ても可愛いし、羽織りものとしてるとかっこいいし、なんでも使えて便利だね』(27歳/輸入)

着回しを重視するなら断然シャツワンピです。
ワンピース単体としてだけでなく、スキニーを合わせたり、ショートパンツと合わせることもできます。

また、シャツワンピの場合はベルトの種類で雰囲気をガラッと変えることも可能。
このように、シチュエーションに合わせて着こなしを変えられるのが魅力ですね。


「ミニワンピ」を着る時は普段以上に爽やかな印象の色味にしましょう。
着ている本人の感覚以上に、他人には肌の面積が広く見えています。
その代わり、脚長効果や魅力を引き出すには持って来いのアイテムともいえますよ。

(恋愛jp編集部)