職場に好きな人はいますか?
少しセクシーなファッションで、気になる彼をドキッとさせようなんて考えていませんか?

それ、周りの男性社員は引いているかも。
そこで今回は、男性社員が引いてる「職場NGファッション」を紹介していきます。

(1)ミニスカート

『社会人にもなって会社にミニスカートとか呆れる』(31歳/広告)

仕事場では、色々動くことがありますよね。
ミニスカートは、見えなければ良いということではなく、見えそうなことが問題。

どうしても気になってしまうので、目のやり場に困るみたい。
仕事のしやすさからいってもミニスカートは適切といえないので、大人の女性なら膝下辺りを選ぶようにしましょう。

(2)胸元が開いたトップス

『下着が見えることがセクシーと思っているなら大間違いだよ』(26歳/広報)

胸元が広く開いていると、ちょっとした体勢で胸元が見えてしまうもの。
確かにセクシーには見えますが、目のやり場に困りドン引きされているかも。

下着が見えてしまえば、色っぽいではなく下品になります。
男を狙っていることがみえみえで、同性からの評判も落ちますよ。

(3)袖口が大きく開いているトップス

『腕が出ている服は、職場ではみっともないと思う』(28歳/サービス)

ノースリーブやタンクトップなど、二の腕が出るといやらしく見えるもの。
また、袖口が大きく開いていると、隙間から中が見えることがあります。

下着が見えることもあるので、無防備すぎてドン引き。
トップスは袖が付いているほうが上品に見え、袖口が開いていないものを選びましょう。

(4)柄タイツ

『職場に柄を履いてくる意味が分からない』(32歳/企画)

網タイツまではいかなくても、柄タイツでもセクシーな印象を与えます。
普段着なら良いですが、職場ではセクシーすぎてNG。

生足はもちろんNGですが、いやらしく見える柄タイツもドン引きされている可能性大。
職場では普通のストッキングを履くほうがキレイに見えますし、タイツならば無地のものを選びましょう。


社会人として、職場のファッションとプライベートのファッションはわける必要があります。

セクシーな服は、ドキッとさせられますが上品さには欠けるもの。
職場では、上品で美しい服装のほうが、好感度が高いですよ。

(恋愛jp編集部)