男性におごってもらったときは、やっぱり女性として丁寧な対応を心がけたいですよね。
おごってもらって当然的な態度を取っていると、当然ながら男性からは嫌な印象を持たれてしまいます。

そこで今回は、男性ウケ抜群のおごられマナーについて解説していきたいと思います!
とくに印象が大事な初デートの際は、ぜひおごられマナーを大事にしていきましょう。

(1)恐縮しすぎない

『恐縮しすぎてると奢ったこっちもあんまり気分が良くない……』(30歳/SE)

おごってもらう際に、恐縮しすぎないことは意外と大事なマナーです。
たとえば頑なにおごられることを拒否して、「割り勘で!!」なんて強く言い放っては、空気も悪くなります。

また「本当にすみません……」と恐縮されても、男性としてはあまり気分が良くないでしょう。
断るにしても一度までを限度にして、おごってもらった際は「すみません」ではなく「ありがとう」と言えることを大事にしたいですよね。

(2)財布を出すそぶりはする

『奢られて当然みたいな態度の女の子は嫌だな』(29歳/広告)

お会計のときに何もしないのでは、「おごられる気満々」という感じがあってなんだか印象が悪いですよね。
せめて財布を出したり、お会計を気にしたりするくらいのそぶりは見せておきたいところ。

当たり前のようにおごられるつもりでデートに来る女性には、男性は萎えてしまうものです。

(3)笑顔でお礼をいう

『笑顔でお礼を言われると凄く気分がいいですね』(32歳/経営)

笑顔でお礼を伝えることは、絶対に忘れないようにしましょう。
「ごちそうさま」「ありがとう」といった言葉を笑顔でくれることが楽しみで、男性はおごってくれるものなんです。

逆にお礼も言えないような女性は、あまりにもマナーが悪く、印象は最悪ですよね。

(4)デート後のLINEでもごちそうさまをいう

『デートの後にLINEでもごちそうさまって言える子は素敵ですね』(27歳/マーケティング)

デート後LINEでも、ごちそうさまをしっかり言える姿勢は大事にしたいですよね。

ごちそうさまと美味しかったことと、また行きたいこと……このポイントをしっかりおさえてLINEを送りましょう。
丁寧な人だと思われて、その後も誘ってもらえる可能性は大ですよ。


おごられマナーには、大人の女性として絶対に気をつけておきたいですよね。
また誘いたいと思われる女性を目指して、ぜひ男性がおごってよかったと感じるポイントをしっかり押さえておきましょう!

(恋愛jp編集部)