服装がきっかけでその人に惚れることもあれば、逆に幻滅してすっかり冷めてしまうこともあるものです。
とくに男性にとって女性のファッションは理解できないポイントも多いもの。

彼女が、苦手に思うコーデでデートに来たら、実際のところそれがきっかけで引いてしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、男性が引いてしまう苦手な女子の服について解説していきたいと思います。

(1)レースやフリルが多い

『レースやフリルがたくさんついてて甘すぎるコーデはちょっと痛い』(28歳/営業)

女性らしく可愛さを求めるのは大事なことですが、やりすぎには注意です。
とくにレースやフリル、リボンなどが多いと、もはや「ロリータ?」なんて思われてしまうことも。

あまりにもぶりっ子すぎる甘々コーデにはならないよう、バランスを整えることが大切です。

(2)原色ばかりの色使い

『原色ばかりで派手すぎるコーデは近づきにくいです』(29歳/企画)

あまりにも派手な色使いのコーデは、ドン引きされることも多いです。
原色ばかりで目がチカチカするようなコーデは、男性からしてみればとっつきにくさ満載なもの。

場合によっては若作りファッションにも思われがちです。

(3)スタッズベルトやライダースなどの辛口コーデ

『気が強そうで怖い……』(29歳/IT)

ライダースやスタッズベルトなど、辛口な印象の強いコーデにも要注意。
その気の強そうな感じを見て、「可愛げがない」といった印象を抱く男性は多いです。

辛口アイテムを使う際にも、あまり多く取り入れすぎないように気をつけましょう。

(4)シースルーやオフショルなどのあざといコーデ

『透け感のあるアイテムとか、露出の激しい服とか、あざとすぎて苦手』(31歳/コンサル)

シースルーやオフショルのアイテムは、とくに夏はデートコーデに選ぶことも多いですよね。
ですが実はこれらのアイテムに、苦手意識を感じる男性はたくさんいます。

色っぽさをアピールするあざとい感じが、男性にとっては不評なんです。
とくに付き合う前のデートは印象が大事なので、「あざとい服」はあまり着ていかない方がいいでしょう。


デートの際は、服選びにもめちゃくちゃ気合が入るもの。
しかしそのせいで逆に空回りし、男性が苦手と思うような服をチョイスしてしまっている女性も少なくありません。

男性ウケする服とそうでない服について理解し、ドン引きされることはしっかり回避していきましょう!

(恋愛jp編集部)