これから一緒に過ごすということを長い目で見た場合、「最低限の常識がある女性」と付き合いたいと思っている男性が多いです。

どんなに魅力的な容姿でも、世間の感覚からズレたことを繰り返すと、男性からめんどくさい認定されてしまいます。
そこで今回は女性が知っておくべき、最低限の常識についてご紹介します。

(1)炊飯器などの使い方がわからない

『最低限の家事もやってこなかったんだな……ってドン引き』(28歳/経営)

炊飯器や洗濯機などの使い方を知らないのは、親に甘やかされたのではと思われがち。
最近の男性すら知っていること。

「自立していない」と思われないためにも、最低限の家事の知識は知っておくべきこと。
最低限の料理ぐらいはできるようにしておきたいことです。

(2)求める男性のハードルが高すぎる

『理想が高すぎて現実が見えてない』(30歳/金融)

求める男性のハードルが高すぎるのは男性をドン引きさせます。

年収1000万円の男性がいい……。
175cmの男性がいい……。

こういったハイスペックな男性はほとんど日本で見かけません。
あまり男性のハードルを上げるような発言は、世間知らずだなと思われがちです。

(3)自分の生活費を把握していない

『親に甘えすぎ!大人なんだからもうちょっと自立しようよ』(27歳/公務員)

生活費を把握していない……感覚で生きているような女性は世間知らずだなと思われがち。
とくに自分の携帯電話の料金などは、親に契約をしてもらっていることもあると思います。

携帯電話の料金体系って複雑ですよね。
でも自分の携帯電話の料金体系すら理解していないような女性は、男性から冷たい目で見られてしまうこと間違いなし。

(4)日本のことを何も知らない

『日本で暮らしてる日本人なのに、日本のこと何も知らないのは引く……』(29歳/IT)

義務教育で何を学んできたの……?レベルで何も日本のことを知らない女性も相手から引かれてしまいます。
今の首相は誰?などや日本の人口など最低限日本のことについては知っておきましょう。

いくら政治に関心がないからといって、何も日本の情勢についてしらない人は、常識ないかわいそうな子認定されてしまいます。


今回は女性が知っておくべき最低限の常識について解説してきました。

男性がちょっと前まで知らなかった料理などの知識。
これを知らないと、少しかわいそうな子扱いされてしまうので、注意したいところです。

(恋愛jp編集部)

◆【男性意見】女性の「ムダ毛」が気になる瞬間第1位は?