デートのときはオシャレしてほしいのに、生活感が出てるファッションだと彼はガッカリしてしまいます。

男性は、どのあたりに生活感を覚えてしまうのでしょう?
今回は、デートに避けたい生活感丸出しファッションをご紹介します。

(1)全身プチプラファッション

『全身プチプラで固めてるのはさすがに安っぽい』(29歳/IT)

大人の女性が全身プチプラファッションだと、安っぽい印象になってしまいます。
プチプラに見えないアイテムもありますが、素材によってはペラペラで、安物ということがすぐにバレてしまうでしょう。

上から下までプチプラだと、洋服代を節約しているようで、生活感が出てしまいます。

(2)無地で地味なコーデ

『無地ばかりで地味なコーデはちょっと残念』(27歳/営業)

何にでも合わせやすいということを考えると、無地のベーシックカラーを選びがちになってしまいますよね。
トップスもボトムスも無地の黒やベージュ、グレーといった地味な色だと、生活感が出てしまうことがあります。

デートのときに無難すぎるコーデだと、彼も残念に思うかもしれません。
もう少し華やかな色や、柄物を加えて、オシャレしてはいかがでしょうか。

(3)毛玉ができているセーター

『ニットは可愛いけど、毛玉ができてるとガッカリ……』(30歳/広報)

ニットの毛玉に生活感が出ることがありますので、注意しておきましょう。
ニットはどうしても毛玉ができてきますが、毛玉を放置しているということに生活感が出てしまいます。

毎日の生活に追われ、毛玉を処理する時間もないのかな…というように。
着た後にブラッシングすることで毛玉ができにくくなりますので、お手入れを欠かさないようにしたいですね。

(4)くたびれた靴

『汚れてたり剥げてたりする靴はダサい』(29歳/マーケティング)

靴に生活感が出てしまうこともあります。
つまさきの色が剥げていたり、ヒールの革がめくれていたりすると、生活感丸出しになってしまいます。

またスニーカーも汚れていると、生活感が出てしまうでしょう。
服だけでなく、靴にも生活感が出ていないかチェックしておきましょう。


彼に可愛いと思ってほしいから、デートにはオシャレして行きたいですよね。
デートなのに生活感丸出しコーデにならないよう注意しておきましょう。

(恋愛jp編集部)