あなたは、彼の「構ってサイン」にきちんと気付いていますか?
なんだかいつもと態度がおかしい……と思いながらも、放ってしまっていませんか?

彼の態度の理由、きちんと理解しておきましょう。
そこで今回は、男が相手して欲しい時に出す「構ってサイン」を紹介していきます。

(1)邪魔をする

『彼女が料理をしている時とか、構って欲しくて邪魔することが多い、怒られるけどね』(30歳/アパレル)

まずはわかりやすい「構ってサイン」から。
あなたが何かに集中している時、彼がやたら邪魔してくるなら構って欲しいと思っています。

うまく口に出せず、邪魔をすることで彼女の気を自分に引こうとしているもの。
集中している時はイラっとするかもしれませんが、彼の寂しい気持ちに気付いてあげ、構ってあげましょう。

(2)スキンシップが増える

『構って欲しい時は、彼女にくっつく』(27歳/金融)

いつもよりスキンシップが多いと感じるなら、それは「構ってサイン」。
甘えたくてウズウズしている時。

疲れている時や愛情を確認したい時など、甘えたくてスキンシップが増える傾向があります。
そんな時は甘やかして癒してあげるようにしましょう。

(3)落ち着かない

『どうやって甘えていいか分からなくて落ち着かなくなる』(29歳/証券)

構って欲しいけれど、口でも態度でも上手に表現できない男性は、落ち着かない態度を取るようになります。
彼女の視界に入るため、周りをウロウロし落ち着かない態度になるもの。

こんな時は、彼女から声を掛けて欲しい時。
聞いて欲しい話があったり、寂しい気持ちがあったりするので、ゆっくり彼の話を聞いてあげて。

(4)冷たくなる

『構って欲しいというか心配して欲しくて、冷たい態度を取ってしまう時がある』(26歳/営業)

一番わかりにくい「構ってサイン」は、冷たい態度を取ること。
不機嫌になり冷たい態度を取られると、何か怒らせることをしたのかな?と不安になりますよね。

思い当たることがないのなら構って欲しいだけなので、彼の隣にいってあげて。
優しい態度で接すれば、徐々に構って欲しかったことを伝えてくれますよ。


構って欲しい時は、寂しかったり不安なことがあったり愛情を確認したかったりとさまざまな理由があります。
どんな理由があれ、あなたに気を許していて甘えたいから。

彼の「構ってサイン」を見つけたら、しっかり相手をして甘えさせてあげましょう。

(恋愛jp編集部)