これまで意識したことがなかった男性を、急に好きになったという経験はありませんか?
男性だって、ちょっとしたキッカケで好きになることがあります。

そのキッカケを知れば、気になる男性を振り向かせることができるかも!
そこで今回は、男が「女性を意識する」のはどんな時なのか紹介していきます。

(1)異性としてドキッとした時

『ありきたりだけど、浴衣姿とかはドキッとして意識してしまう』(30歳/不動産)

友達だと思っていた女性を意識するキッカケとして多いシチュエーションです。
たとえばいつもとは違う格好、水着や浴衣、女性らしいファッションなどをした時。

他にもイメチェンした時や髪をアップにしている時など、いつものイメージよりも女性を意識する格好をした時にドキッとするみたい。
異性としてドキッとすることで、自分が友達としてではなく女性として見ていることを知り、意識するようになります。

(2)ギャップを感じた時

『意外な一面を知った時かな』(32歳/サービス)

ギャップは男性をドキッとさせるのに有効な手段です。
その女性の知らない一面を知ることで、気になる存在になるもの。

たとえば元気な女性が落ち込んでいる時や、サバサバした女性が色っぽく見えた時など。
普段とは違った意外な一面を知ると、意識するキッカケになります。

(3)特別扱いされた時

『なんかいつも褒めてくれるなって思ってて、他の人にはそんな感じじゃないかもと思った時』(27歳/公務員)

男性は、特別扱いされると嬉しいもの。
自分への扱いが他の人と違うと、「もしかして自分に好意があるのかも」と思い意識するように……。

たとえばよく褒めてくれる、頼ってくれるなど、自分だけにということがポイント。
他の男性にも同じようにするのではなく、気になる彼にだけ特別扱いしてみて。

(4)周りから自分に対する評判を聞いた時

『自分のことを「カッコイイ」って言っている噂を聞いて、急に意識するようになったことがある』(25歳/サービス)

友達から「○○くんが好きみたいだよ」って聞くと、急に気なる存在になった経験ありませんか?
それと同じように、人づてに自分の評判を聞くと、自分に好意があるのかもと意識するようになります。

「好き」とまではいかなくても、「カッコイイ」や「尊敬している」「優しい」などいい評判ならOK。
彼の周りの友達にいい評判を伝えておくと、いずれ彼の耳に届くかも。


今、異性として意識されていなくても、ちょっとしたキッカケで好きになることはあります。
気になる彼が友達なら、信頼関係は出来上がっているので、後は異性として意識してもらえばOK。

意識するちょっとしたキッカケ、これまでなかったのなら自分で作ってみましょう。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?