二の腕が太く見えることを気にしている人は多いですよね。
きれいな服装をしていても、結局二の腕がむっちむちに見えてしまうと、男性からの印象もマイナスなもの。

そこで今回は、男性が萎える二の腕太見えトップスをご紹介していきます。
夏の時期のトップス選びは、ぜひ注意してくださいね!

(1)タンクトップ

『手を下ろした時とかに意外と太くみえちゃいますよね』(31歳/商社)

タンクトップはノースリーブなので、やはり普通の服より二の腕が太く見えがち。
そこそこ二の腕の細さに自信がある人でないと、太さが変に強調されてしまうんですね。

ラフな印象も、どこか「オバちゃんの部屋着」的な印象になってしまいがちです。

(2)パフスリーブのトップス

『肩幅広めの人はよりいかつくなってる時ある!』(26歳/広報)

パフスリーブのトップスも、同じく太見えしやすいトップスの一つ。
ふんわりとした袖が可愛らしいのが特徴的ですが、同時に肩まわりががっちりとした印象になりやすいのも確かですよね。

そのせいで必要以上に二の腕が太く見えてしまい、印象がマイナスになってしまうことも。

(3)レースブラウス

『袖がちょこっとあるタイプからモリッと二の腕はみ出ちゃってるの残念なときある……』(25歳/美容師)

レースブラウスは女性の可愛らしいトップスとして人気ですが、特に袖が少ししかないようなタイプには気をつけましょう。

全体的にレースブラウスはシルエットがふわっとしやすくなるため、太見えにつながりやすいデメリットがあります。
そのせいで出ている二の腕も太く際立ってしまうことが多いんですね。

(4)ボーダー柄Tシャツ

『バーンって印象になるからあんまりオーバーサイズ着ないで欲しいです』(30歳/輸入)

ボーダーは着ぶくれしやすい柄の一つなので、ボーダー柄のTシャツを着ていると二の腕も太く見えがち。
特にオーバーサイズTなどはもともと太って見えるため、二の腕もむちむちな感じに見えないよう注意しましょう。

なるべく5部袖くらいのものを選ぶか、タイトな着こなしができるTシャツを選ぶようにすると良いでしょう。


太見えしやすいトップスは、二の腕も必要以上にむちむちに見えてしまうことが多いんです。
夏は肌の露出が多い季節ですし、トップス選びには慎重になりたいですね。

きれいめなコーデをばっちり決めたのに、二の腕太見えのせいで印象がマイナスにならないよう気をつけましょう!

(恋愛jp編集部)