男性は好きな女性の前で「好きサイン」を出してしまうことが多いです。
無意識のうちに出ちゃうので、好きバレしてしまうこともあるでしょう。

今回は、男性がつい出しちゃう好きサインを4つご紹介します。

(1)しゃべりすぎる

『好きな子とは色々話したくなってついおしゃべりになってしまう』(28歳/金融)

好きな女性とは話したいことがたくさんあるので、ついしゃべりすぎてしまう男性もいます。

2人のときは普段よりもおしゃべりになる男性がいたら、「好きサイン」かもしれませんよ。
彼は一緒にいられるのが嬉しくて、おしゃべりになってしまうのです。

(2)無口になる

『好きな人がいると恥ずかしくてしゃべれなくなってしまう』(29歳/広告)

逆に2人でいると無口になってしまう男性もいますが、これも好きサインなのです。
グループのときは普通にしゃべれるのに、好きな女性と2人になると、あまり話さなくなるのです。

彼女のことを意識しすぎているので、恥ずかしくてしゃべれなくなっています。
嫌われていると誤解しないでくださいね。

(3)頭を触ってくる

『好きな子が可愛いからつい頭を撫でたくなる』(31歳/企画)

好きな人には触れたくなるものです。

とくに頭は気軽に触れる場所ではないので、ポンポンと頭に触れてくるのは男性の好きサイン。
好きな女性が可愛くてつい触ってしまいたくなるのです。

(4)何気ない会話を覚えている

『好きな人と話したことって無意識で結構覚えちゃうものですよね』(27歳/IT)

前に話したささいなことを覚えてくれているのは彼の好きサイン。
よほど記憶力のいい人ならわかりませんが、普通だったら好きでもない人と交わした何気ない会話をはっきり覚えてはいないでしょう。

好きな女性の話は聞き逃したくないからしっかり聞いているのです。
自分でも忘れてしまうようなことを彼が覚えているなら「好きサイン」の可能性が高いでしょう。


好きだって気持ちが勝手に表れてしまう「好きサイン」。
あなたの身の回りにご紹介したような好きサインを出している人はいませんか?

気になる男性が好きサインを出していたら、あなたの方から声をかけてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)