デートのときは特別な日ですしコーデにも気合が入りますよね。
ですが夏はいろいろなファッションが楽しめる時期だからこそ、失敗も多くなりやすいもの。

そこで今回は、夏デートでやりがちなNGファッションについて解説していきたいと思います!

(1)オフショルトップス

『肩を出してるのって下品に見える』(28歳/金融)

少し前から話題の、色っぽさのあるオフショルトップス。
たしかに肩出しスタイルがセクシーなので、男性には一見好評なようにも見られがち。

しかし結論からいうと、オフショルトップスは男性から見てあまり印象が良くないものです。
大胆に肩を出した服にどこか品のなさを感じてしまい、軽い女のレッテルを貼られてしまうことすらあるんですよ。

(2)キャラクターのプリントTシャツ

『キャラクターのTシャツってさすがに子どもっぽくない?』(30歳/公務員)

夏はTシャツ1枚でも出かけられる季節。
だからこそ可愛いキャラクターのTシャツを着ていく……なんてこともあるでしょう。

しかしキャラクターもののTシャツは、どこか子どもっぽいなんて印象につながることも多いもの。
「そんなファッションする子だったの?」と思われて、イメージは一気に変わってしまうでしょう。

(3)胸元が開きすぎているトップス

『胸元が開きすぎてるのは下品だと思うよ』(27歳/SE)

胸元が開きすぎているトップスにも要注意です。
夏だからこそ気合を入れて露出度高めの服にするのはいいのですが、さすがに胸元が開きすぎていると下品なイメージに。

水着じゃないんだから……と思われて引かれる原因になってしまうでしょう。

(4)年齢不相応なショートパンツ

『ある程度の年齢になったらショートパンツはキツくない?』(32歳/サービス)

かなり短い丈のショートパンツを夏に履く人も多いですよね。
ですが基本的には、ショートパンツをカジュアルスタイルで履いてOKなのは20代前半くえらいまで。

男性としても年齢不相応なショートパンツには「正直キツイ……」と思わずにはいられないでしょう。
涼しさを重視するにしても、あまりにも若作りなファッションにならないように気をつけましょうね。


夏デートで男性が正直キツイと思うような服を着ていってしまうと、それだけでドン引きされてしまうものです。
大事な恋のチャンスを逃さないよう、露出の多い夏こそファッションには気をつけたいですね!

(恋愛jp編集部)