彼氏とつまらない喧嘩ばかりしていると、子どもっぽい恋愛は卒業して、そろそろ「オトナの恋愛」がしたいと思ってしまいませんか?
大人の恋愛に漠然と憧れますが、具体的にはどういうのが大人の恋愛なのでしょう?

今回は、大人だけができる「オトナの恋愛」の仕方について解説します。

(1)周りに2人の関係をアピールしない

『周りに付き合ってる事をアピールするのは、気をつかわせるし嫌だなぁ』(29歳/商社)

子どもの恋愛なら、「私たち付き合ってるの」と周りにアピールしたくなりますよね。

しかし大人の恋愛はあえて2人の関係を公にはしません。
かといって隠れてコソコソ付き合うわけでもないのです。

付き合ってることをアピールすると、周りの人も何かと気を遣います。
大人の男女は周りに配慮ができるため、あえて2人の関係をアピールしないのです。

(2)相手を干渉しすぎない

『干渉しすぎな付き合いは疲れるからしたくないです』(27歳/営業)

大人の恋愛はお互いに自立していないとできません。
相手に依存してしまうようでは大人の恋愛はできないでしょう。

仕事や友達付き合いなど恋愛以外のことも大切にし、相手に干渉しすぎないことで大人のお付き合いができます。

(3)連絡頻度は適度に

『連絡頻度があまりに高すぎるとしんどくなる』(30歳/証券)

大人の恋愛をすると、連絡頻度は比較的少なくなるでしょう。

毎日LINEするのが当たり前と思ったり、連絡がなかったと怒ったりすることはありません。
適度な距離感を保つのが大人の恋愛の秘訣です。

そこで連絡の適度な頻度はどのくらいかという問題がありますが、相手に負担がかからない頻度にするのがよいでしょう。
仕事が忙しい男性もいますので、週に2~3回程度を目安にしてはいかがでしょうか。

(4)対等な関係で付き合う

『やっぱり付き合うからにはお互い対等な関係でいたいですね』(27歳/SE)

大人の恋愛は、お互いに相手のことを尊重し、対等な関係で付き合うことができます。
そのためどちらかの立場が上だったり下だったりしません。

嫌われたくないからといって自分の意見も言えないのは大人の恋愛ではないです。
相手に振り回されたりせず、自分を大事にしながらお付き合いできるのが大人の恋愛です。


そろそろ大人の恋愛をしたいと思いませんか?
それには恋愛相手に大人の男性を選ばなくてはなりませんし、あなた自身も大人の女性にならなくてはいけません。

素敵な大人の恋愛を楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)