彼にはなんでも話してほしいと思うのが女心です。
彼に信頼されて何でも話してもらうようになるために、聞き上手を心がけましょう。

LINEという顔が見えないツールだからこそ効果的な事もあるんです。
その方法をいくつかご紹介します。

(1)名前を呼ぶ

『名前を呼ばれるのってドキッとする』(28歳/営業)

LINEの中では積極的に彼の名前を呼ぶようにしましょう。
漢字で呼ぶと更に効果UPです。

更に自分しか呼ばないニックネームをつけてみましょう。
そうすることで「距離が縮まった」と彼に錯覚させるのです。

これだけの方法で、彼の身近な存在へと一歩前進できます。

(2)返信頻度に気をつける

『あまりに早い返信はちょっとプレッシャーになる』(28歳/IT)

もし彼からLINEが来たらすぐに返しますか?
高速返信は素晴らしい事ですが、タイミングを見極めましょう。

ポンポンと一言の短いやりとりが続いているならすぐに返信してもいいですね。
逆に真剣な話をしている時なら、内容に時間をかけて誠実に返信しましょう。

もしも返信に時間がかかるのなら「大切な話だから考えて後で返すね」と一言添えてみて。
相手に合わせる姿勢を持っている事を彼に理解してもらいましょう。

(3)相手に合わせる

『短文には短文で返してくれるとやり取りしやすくていいですね』(27歳/営業)

返信頻度もそうですが、相手のLINEの送り方の癖を見つけて真似しましょう。
人間は自分と似ている人に好感を持つと言われています。

彼が短文なら短文で、スタンプを使ったらスタンプを返しましょう。
「○○君のスタンプ可愛いから、真似して買っちゃった」と言って同じスタンプを使うのも効果的です。

(4)自己開示する

『色々話してくれると一気に距離が縮まった感じがする』(31歳/IT)

与えられる情報は彼にどんどん与えましょう。
「今起きたよ」とか「これからお風呂入ってくるね」とか簡単なものでもいいです。

そうすることで彼は「あなた」という人物を想像しやすくなります。

顔が見えないからこそ「あなた」を彼にリアルに認知させましょう。
その上でLINEのやりとりをする事で、より親近感が湧きます。

また自己開示をすれば相手もだんだんとプライベートな事を話してくれるようになりますよ。
彼の情報もゲットできて、一石二鳥なのです。

今回はLINEでの聞き上手への近道をお話しました。
LINEだからこそ使えるテクニックを駆使して、彼の心を丸裸にしちゃいましょう。

信頼されれば後はこっちのものです!
きっと彼はあなたに何でも話してくれるようになるでしょう。

(恋愛jp編集部)