サゲマン女性は、一緒にいる男性を自然と不幸にしていってしまうもの。
嫌なことを言ったり、自己中な行動をしたり……そんな不快感を与えるような振る舞いには気をつけましょう。

彼の運気すら下げてしまうものです。
そこで今回は、男性を不幸にするサゲマン女性について解説していきたいと思います!

(1)笑顔が少なく愛嬌がない

『いちばん近くにいる人がそんな感じだと、自分もだんだんそうなってることある……』(27歳/飲食)

笑顔が少なく愛嬌があるとはお世辞にも言えない女性。
そんな女性と一緒にいれば、男性も自然と笑顔が少なくなったり、愛想が悪くなるものです。

人の振る舞いは、付き合いや環境によって伝染します。
だからこそそんなサゲマン女性といると、男性は交友関係が狭くなり、人に嫌われやすくなったりするんです。

(2)愚痴や不満が多い

『だんだん聞いてる自分の心も荒んでいくんです』(25歳/製造)

愚痴や不満が多いことも、サゲマン女性の特徴の一つ。
いつも悪いことばかり口にしているので、男性を自然と不快にさせるのが特徴的ですね。

そのため男性もイライラしやすくなったり、影響されて愚痴や不満ばかり口にするようになってしまうんです。

(3)片付けられない

『部屋が散らかってたらいつも何かしらでイライラして喧嘩してばっかりだよ』(31歳/事務)

片付けられない、整理整頓ができないことも、実はサゲマン女性の特徴になります。
ものの片付けができないということは、散らかることによるストレスを周りの人にも与えます。

それが男性にも悪い影響を与え、一緒にいると自然と嫌なことばかり起こってしまうようになるんです。

(4)男性の都合を考えない

『振り回されてばかりだと、ほんとにプライベートでストレスたまって逃げ場なくなる』(26歳/インテリア)

サゲマン女性は、男性の都合を一切考えません。
自分のことしか考えていないので、彼を振り回したり、平気で嫌なことばかりを言ったり。

そんなストレスを毎回受けていれば、彼だって当然嫌な気持ちになりますよね。
そのことが原因で嫌なことばかりを引き寄せてしまうことになる男性は多いよう。


サゲマン女性になることは、自分にとっても彼にとってもマイナスなことです。
嫌なものを引き寄せて、お互いにイライラしやすくなったり不幸になったりするようなことは避けたいですよね。

それよりも以上のような特徴を取っ払って、ぜひアゲマン女性を目指していきましょう!

(恋愛jp編集部)