天気がいい日は公園デートが気持ちいいですね。
お金をかけずに楽しめる公園デートでは、女性らしさを彼にアピールするチャンスですよ!

今回は、公園デートで「家庭的だな」と女性らしさをアピールする方法を4つご紹介します。

(1)お弁当を持ってくる

『玉子焼きやタコさんウィンナーでいいんだよ、それだけでめっちゃ嬉しい!』(30歳/サービス)

お散歩デートには、手作りのお弁当を用意しておきましょう。
お弁当を食べてもらう機会ってなかなかありませんので、張り切って色鮮やかなお弁当を作りませんか?

「これ全部〇〇ちゃんが作ったの?」と彼に喜んでもらえたら大成功!
家庭的なところをアピールできて、彼にもっと好きになってもらえるかもしれませんよ!

(2)ゴミ袋を持っていく

『流石気がきくなって感心しちゃいます』(27歳/アパレル)

公園デートで軽食を食べるとお菓子の袋やペットボトルなど、ゴミが出てしまいます。
持参したゴミ用の袋にひとまとめにして持ち帰りましょう。

ゴミを放置するのはもってのほかですが、ゴミ箱を探すのに手間取るのもあまりスマートじゃないですよね。
ゴミを持ち帰るための袋を用意しているところに女性らしさを感じてもらえるでしょう。

(3)ベンチに座るときはハンカチを敷く

『すごく育ちの良さを感じる行動だと思う』(31歳/商社)

公園のベンチに座るとき、そのまま座っては服が汚れるかもしれません。
ハンカチを敷いてから座る仕草に男性は「女性らしいな」と思ってくれるようです。

服が汚れると、気になってデートが台無しになってしまいます。
ハンカチは手を拭くだけでなく、敷物にしたり、ひざの上に乗せたりなど、さまざまな用途で役に立ちますので、デートのときは2~3枚持っておくとよいでしょう。

(4)きれいな花を見つけて喜ぶ

『無邪気に喜ぶ横顔がほんとにきれいだと思う』(28歳/看護)

公園に咲いている花を見つけて「きれい!」と喜ぶ姿も女性らしさが感じられます。
2人で自然を感じながらのんびり過ごす公園デートなので、道端に咲いている花にも目を向けてはいかがでしょうか。

花を愛でるあなたを見て、彼は「女性らしくて素敵だな」と思ってくれるでしょう。


2人きりでのんびり過ごす公園デートでは、持ち物や仕草で女性らしさをアピールできます。
「家庭的なんだな」と印象づけたら、これから先もずっと一緒にいたいと思ってくれるかも?

そんな期待をしながら公園デートを楽しんではいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)