ファッションが原因で男性に落胆されてしまうと勿体ないですよね?
今回は「夏の勘違いモテコーデ」のご紹介です。
ぜひ、チャンスを逃さないようにチェックしてみましょう。

(1)カットソー素材のワイドパンツ

『ちょっとコンビニくらいの服でしょ?』(27歳/商社)

暑い夏にはゆったりとしたワイドパンツが大活躍。
着心地や洗いやすさを追求してカットソー素材を選んでいませんか?

カットソー素材は「部屋着感」を一気に引き出してしまいます。
合わせるトップスを厳選しないと手抜きな印象に。
できれば避けた方がいいアイテムといえます。

(2)おばさんっぽいレース

『ベージュのレースはなんかおばさんのパンツみたい(笑)』(29歳/製造)

レースは簡単に華やかなコーデが完成しますね。
女性らしさも出て何にでも合わせやすいのが魅力。
でも、ブラックやベージュのレースは注意が必要です。

レースの模様やコーデ次第で「おばさんっぽい」と思ってしまうのだとか。
難しそうな場合はホワイトを選べば、好印象間違いなしですよ。

(3)スリッパみたいなサンダル

『部屋から履いてきちゃったみたいなスリッパは、いっしょに歩くの恥ずかしいかな』(32歳/公務員)

手軽に履けて程よい抜け感も出せるストラップなしのサンダル。
フリルやレースが付いているとまだ大丈夫なのですが、スポーティーなタイプはNGかも。

あまりにシンプルなシルエットは「トイレ用のスリッパ」に見えてしまうようです。
男性が同様のファッションをしている場合を除き、避けた方がいいでしょう。

(4)リゾート感が強い

『派手すぎて、羽目外しちゃってる感丸出しだから、街中にはちょっと違うかなぁ』(28歳/通信)

夏はトロピカルなカラーや柄がたくさん出てきますね。
涼し気で華やかですが、男性目線では「日常使いにはちょっと」と感じることもあります。

もちろん、彼と旅行に行くときなどにはとてもオススメ。
ですが、普段着る服とは分けてTPOに合わせた選択ができるといいでしょう。
特に男性は女性以上に鮮やかな色彩に敏感に反応します。


季節感を取り入れることで、コーデのマンネリ化を防ぐことができます。
今回のポイントを参考に、ぜひ素敵な夏コーデを完成させてみてくださいね。
ポイントは「手抜き感を出さない」ことと「インパクトを強くしすぎない」ことです。

(恋愛jp編集部)