今回は、実は逆効果となっている間違った愛情表現を4つ紹介していきます。
女性から見ると可愛い言動でも、男性から見るとウザイだけ!?
2人の気持ちがすれ違うことのないよう、しっかりと詳細を確認していきましょう。

(1)構ってちゃん

『四六時中寂しい寂しい言われるとただただうっとうしい』(30歳/広告)

「会いたい」「寂しい」と彼に甘えるのは、もちろん悪いことではありません。
しかし度がすぎてしまうと面倒くさいだけの構ってちゃんです。
彼の仕事やプライベートを尊重せずにいると、彼の気持ちは段々とあなたから離れていってしまうかもしれませんよ。

(2)べた褒め

『何をしても褒められてると嘘くさいな~って思う』(27歳/IT)

意外や意外、べた褒めされることを好まない男性は非常に多いようです。
「嘘くさく聞こえる」「すべてを褒められると自分がダメになりそうで怖い」という意見が寄せられてきました。
飴と鞭をしっかりと使いわけて、お互いにとってプラスになるような関係を築きましょう。

(3)世話焼き

『あんまりあれこれ世話を焼かれるより、ちょっと頼ってくれる方が可愛くていい』(29歳/金融)

母性溢れる優しい女性に惹かれる男性は、たくさんいます。
しかし母親のようにあれこれ口出ししたり手を貸そうとしたりするのはNG。
「本当に母親みたいに見える」「恋愛感情が失われる」といった声が多かったので、世話を焼きすぎるのは禁物ですよ。

(4)嫉妬

『嫉妬深すぎる子って怖いし面倒くさい』(28歳/SE)

彼に対する愛情が深い故に嫉妬心が芽生えるのは、仕方のないことです。
しかしあからさまな嫉妬は、可愛いを優に通り越してウザがられてしまう原因に!
とくに「仕事でも女性と話すのはダメ」「すべての飲み会を禁止」なんてルールを設けてしまうと、破局一直線となってしまうので注意が必要です。


一見可愛い行為に見えても、度がすぎると「うざい」と思われる原因になってしまいます。
そのため何事もほどほどに留めておくのがベスト!
今回紹介した例はとくに男性からの低評価が相次いだので、気を付けてくださいね!

(恋愛jp編集部)