年下男子デートするとき、どうすべきか迷ってしまう女性は結構多いですよね。

私の方が年上だしご飯はおごるべき……?進んでリードすべき……?
なんていろいろ考えてしまうこともたくさんあるでしょう。

そこで今回は、年下男子を喜ばせるデートでの必勝テクをご紹介していきます!

(1)基本的には彼を立てることが大切

『いくら年下だからってずっとリードされっぱなしは情けなくて嫌だな』(28歳/SE)

年下男性とはいえ、彼にもやっぱり男としてのプライドがあるので、基本的には彼を立てることを考えましょう。

リードされっぱなしのデートでは、さすがに彼も情けなく感じてしまいますよね。
デートプランは彼に任せつつ、何か頼られたときは年上らしく助け舟を出せるのが一番ですね。

(2)お会計はケースバイケース

『毎回奢るのはちょっと苦しいけど、いつもいつも割り勘じゃなくても大丈夫だよ』(27歳/営業)

お会計は、ちょっとデリケートな問題になります。
基本的には彼を立てることが大切ですが、たとえば学生の彼にご馳走してもらうばかりなのもなんだかおかしいですよね。

基本的には彼の様子をうかがいつつ、おごってもらったり割り勘にしたり、ケースバイケースです。
まずはお会計のときに彼の様子を見るようにしておきましょう。

(3)話は進んで聞いてあげる

『話をたくさん聞いてくれる人って素敵だなって思います』(28歳/建築)

デート中に会話をするときは、なるべく彼の話を多く聞いてあげるようにすることが大切です。
話し役よりも聞き役にまわって、落ち着いた大人の女性らしさをアピールしていきましょう。

(4)彼を褒めることを忘れずに

『年上の素敵な女性に褒められたりしたら凄く嬉しくなる』(26歳/SE)

彼のことを立てるなら、やっぱりたくさん褒めてあげられることが大切ですね。
その日の彼の服装や気遣いなどをしっかり見て、いいところはぜひ褒めていきたいところ。

「かっこいいね」と言われれば、相手が年上の彼女でも男性は嬉しくなってしまうものです。
頼りがいを感じていることが伝われば、彼も年上の彼女と一緒にいてみじめな思いをしたりしないはずですよ。


年下男子とのデートの仕方に迷ったら、まずは基本として彼を立てることを大事にしていきましょう。

彼も年下とはいえ一人の大人の男性ですから、プライドはしっかり持っているものです。
プライドを尊重して隣にいることができれば、お互いに気持ちよくデートができるはずですよ。

(恋愛jp編集部)

診断バナー