結婚などを視野に入れていくと、同棲をすることも考えていかなければなりません。
しかしながら同棲とはいっても今まで違う生活を送ってきた2人が、ひとつ屋根の下に暮らすのはそう簡単なものでもありません。

そこで同棲がうまくいくカップルの特徴について4つ解説をしていきたいと思います。

(1)衛生観念

『部屋が汚いのは許せないので、掃除ができない女性はムリ』(29歳/IT)

部屋の汚さについてどれだけ許容できるか?というのは同棲にするにあたって非常に重要な問題です。
多少汚くても大丈夫な男性が、絶対にホコリ一つ許せない女性と同棲はムリです。

お互いに多大なストレスを抱えることとなりケンカをしてしまうことも。
あらかじめお互いの家に行ったりして、どこまで綺麗なのか?ということをチェックしておきましょう。

(2)食好みが似ている

『食べ物の好みが似てると一緒に暮らしても楽しそうですね』(31歳/サービス)

一緒に暮らしていく中で、切っても切れないのが食。
お互いに別の料理を食べる……なんてことはできません。

同じ料理を食べるにあたって、味の好みなどはお互いに似通っている方が同棲がうまくいきます。
辛い物好きが甘い物好きと一緒に食事するのは難しいでしょう。

(3)生活リズムが似ている

『夜勤が多い仕事なので、普通の人みたいに生活リズムを合わせてあげられないですね』(32歳/警備員)

生活リズムも大事。
朝型、夜型人それぞれあるかとおもいます。

長く暮せば、お互いの生活リズムは似ていきますが、最初は大変なもの。
ストレスを抱え最悪の場合は短命カップルに終わってしまうことも。

必須条件ではありませんが、なるべくお互いにリズムが似ている人であればストレスがたまらないのでオススメ。

(4)同じ趣味

『趣味が同じだと色々一緒に楽しむことができるから同棲も楽しそう』(28歳/アパレル)

1と2はほぼ必須条件。
4の同じ趣味はあればもっとより良く同棲をすることができるものです。

同じ趣味を持っていると、お互いの生活に飽きが来ないのです。
いつでも楽しい時間を一緒に過ごすことができます。

ぜひ同じ趣味の人と結ばれることをオススメします。


ここまで同棲がうまくいくカップルについてご紹介しました。

すべてとはいいませんが、自分とある程度似通った人のほうが過ごしやすくはあります。
ただ違う性格であれば、刺激を受けるのも確かなので、最低限衛生観念は共通しているようにしてください。

(恋愛jp編集部)