いつもと同じようなキスばかりだと、だんだんとマンネリ化してしまうもの。
ちょっと違ったシチュエーションのキスをして、彼の心を揺さぶりましょう。

今回は彼をときめかせる「上手なキスのおねだり」のご紹介です。

(1) 恥ずかしそうに

『急にもじもじしてどうしたのかなって思ったらキスしてきて、凄い可愛いなって思いました』(28歳/サービス)

彼をじっと見つめながらも恥ずかしそうにしましょう。
そしてためらいながら、キスするのです。

まずキスするまでの過程で男性の気を引くのがポイント。
「なんだ、キスしたくてソワソワししてたの?」と、理由がわかって安堵するとともに、可愛くてたまらないと思うはずです。

(2)背伸びをして

『背の小さい彼女が背伸びしてキスしようとしてくるのが可愛くてたまらない』(27歳/不動産)

身長差のあるカップルは「背伸び」も活用できます。
普段男性側からかがんでキスをしている場合、たまに女性側から背伸びしてキスをねだるととても可愛いです。

小柄な女性にしかできない特権なので、ぜひ実行してみましょう。
華奢な姿を印象づけることで「守ってあげたい」という欲求も刺激しますよ。

(3)両手で頬を触る

『ほっぺを両手で包まれてキスされるとドキドキする』(30歳/金融)

キスするに時手はどこに置いていますか?
実はキスしている最中のボディタッチはかなり効果的です。

キスしたいと思った時、彼の頬に優しく触れてみましょう。
そして「キスしたい」と伝えるのです。

そのまま手が頬に触れた状態でキスすれば、いつもより愛情たっぷりなのが伝わるはずですよ。
先に手の存在を意識させた後だから、ボディタッチがもっと効果的になります。

(4)不意打ち

『2人でまったりしてる時に不意打ちでキスされるとドキッとする』(27歳/IT)

たとえば家で一緒にくつろいでいる時など、ふと「キスしたい」と思うタイミングはありませんか。

無防備な彼の頬にキスをしてみましょう。
驚かせすぎないように注意するのがポイントです。

この頬へのキスには「口でもキスしたい」というおねだりが込められています。
思わぬアプローチに、男性も喜ぶのではないでしょうか。


女性からのおねだりするとなると、ついついためらってしまうこともあるかもしれません。
男性はストレートすぎるおねだりばかりだと飽きてしまいます。

今回ご紹介した方法で、いつもと流れを変えて甘えてみましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー