他の人と同じようなファッションだと、どうしても男性の印象には残りにくくなりますよね。
自分ではおしゃれに決めているつもりでも、結局「量産型」だとパッとしない印象になるのは否めないもの。

そこで今回は、「量産型女子」のファッションについて解説していきたいと思います!
以下のようなコーデで合コンに参加し、埋もれないように注意してくださいね。

(1)ブラウス×フレアスカート

『職場でよく見るし、なんか楽しい気持ち半減』(31歳/商社)

ブラウスとフレアスカートの組み合わせは、女性のファッションとしては良く言えば王道。
ですが悪く言えば、まさにベタ中のベタというもの。

男性としては「そろそろ見飽きたかも……」なんて言いたくなるようなファッションでしょう。
また、よくいるオフィスカジュアル女子的なコーデなので、仕事以外でそんな服装は見たくない……という男性も。

(2)カーディガン×ワンピース

『おとなしそうな、よくいる感じ?』(26歳/建築)

同じようにベタなファッションをもう一つ紹介するなら、カーディガンとワンピース。
確かに女性のファッションとして可愛いのですが、今一つ工夫が足りないという印象にはなりやすいもの。

よくいる女性の典型という感じなので、男性からしてみれば「可愛いけれど、特に珍しくもない」といった印象なのでしょう。

(3)プチプラアイテムを多用

『大人になったら、全体的にスタイリッシュな高級感欲しいよね』(33歳/コンサル)

量産型女子は、20代前半くらいの女性に多く、そのような年代の女性はお金がそこまでないからこそプチプラアイテムに頼ります。
ユニクロやGUなど、多くの人が買うような服を多用し、安っぽい感じがまさにプンプン。

誰でも着れそうなファッションを見て、男性はうんざりする思いでしょう。

(4)トレンドアイテムの寄せ集めが多い

『街歩いたら必ずみるような、通りすがりの子感いなめない(笑)』(30歳/映像)

量産型女子は、トレンドアイテムに振り回されやすいという特徴もあります。
周りの皆が着ているトレンドアイテムをとにかく寄せ集めて、コーデを作るんです。

だからこそ「流行りに振り回されている女性」という印象が強くなり、周りと同じ感じがして印象に残らなくなるんですね。


量産型女子になってしまうと、どうしても周りと同じような見た目になります。
他の女性よりも注目されておしゃれになりたいなら、そろそろ量産型は卒業するべきなのかもしれませんね!

(恋愛jp編集部)