男性は、好きな女性とはどんなときに「この子と両想いかも」と感じるのでしょうか?
そんな惹かれ合う瞬間を意識すれば、恋を叶えるきっかけになるのは確かですよね。

そこで今回は、好きな子と両想いだと感じる瞬間について、男性の声をまとめてみました!

(1)たくさん褒めてもらったとき

『それだけ俺のこと見てくれているってことだし、これは脈アリでしょ』(25歳/通信)

自分のことを褒めてもらえれば、それだけで相手のことを好意的に見たくなりますよね。
褒めてくれるということは、少なくとも友達として良く思ってくれているのは確かなもの。

そんな中で積極的にたくさん褒められれば、両想いかも……と期待せずにはいられないでしょう。

(2)嬉しそうにデートをOKしてもらったとき

『リアクションって嘘つかないからね、やっぱ素直に喜んでもらえたらこっちも嬉しい』(31歳/広報)

男性は、女性をデートに誘うとき、その反応を見て両想いかどうかを確かめているといいます。
本当に嬉しいと思っているのか、それとも社交辞令なのか……。

それは相手の喜びっぷりを見れば、意外と簡単にわかるものなんだとか。
本当に嬉しそうに笑顔を見せてくれたときは「やばい!両想いかも!」とついつい期待してしまうようです。

(3)目がたくさん合うとき

『これは俺も見てるけど、あっちも意識してるでしょ?!』(27歳/歯科医)

好きな人のことは、無意識のうちに目で追ってしまう癖がありますよね。
だからこそ両想いだと、目が合うことも多くなっていきます。

ふと目が合った瞬間にドキッとし、もしかして両想い……?と期待してしまう男性は多いよう。
その数が普段から多ければ、なおさら期待してドキドキしてしまいますよね。

(4)自分だけに大事な相談をしてくれたとき

『飯食いながら仕事の悩み共有してから、会社で会うたびなんか特別な気持ちになる』(29歳/サービス)

仕事の悩みを自分だけに打ち明けてくれるなど、特別感を出してもらったときも、両想いだと感じる男性は多いようです。

大事な相談をしてくれるということは、それだけ相手に対して特別感を抱いているということ。
それを感じ取って、男性は思わず両想いかも……と期待を寄せてしまうんですね。


目が合ったり、デートの誘いを喜んでくれたりなど、そんな瞬間に男性は両想いかもと思わず感じるものです。
男性が両想いなことにドキドキする瞬間を意識すれば、好きな彼ともっと良い感じの雰囲気を作ることができるはず。

ぜひ恋を叶えるためのステップとして、以上のような瞬間を参考にしてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)