服のチョイスはそれなりに気をつけていないと、知らぬ間に「太見え」してしまうことがあります。

元の体型よりもポッチャリして見えるのはあまりにも不本意ですし、そのせいで印象が悪くなっては悲しいものです。

そこで今回は、男性が思わず二度見してしまうような、太見えコーデをご紹介していきます!

(1)サルエルパンツ

『サルエルパンツって足が短く太く見えるから好きじゃないな』(29歳/サービス)

少し前に流行ったサルエルパンツですが、いまだに履くことのある人は要注意。
サルエルパンツはそもそもふわっとしたシルエットのパンツなので、体型がぼてっとした印象になりがちなんです。

「え?そんなに足太かった……?」と彼もびっくりしてしまうでしょう。
しかもどこかおばさんのようなスタイルにも見えがちです。

(2)ハイウエストのワイドパンツ

『ハイウエストのワイドパンツってすごい下半身太りして見える』(31歳/建築)

ハイウエストは足長効果も高く、どちらかといえば着痩せ効果の方に期待してしまうもの。
ですが意外とハイウエストは太見えすることが多く、とくにハイウエストのワイドパンツには要注意。

ウエストあたりから伸びるAラインは、ボトムスのふわっと感をより強めます。
そのせいで急に彼女が太って見え、「こんなにポッチャリしてたんだ……」とガッカリしてしまう男性も多いです。

(3)白のタイトスキニー

『タイトスキニーって細く見えるイメージだけど、白は膨張色だから、パツパツっぷりが強調されてやばい』(28歳/証券)

白のタイトスキニーはすっきりさわやかな印象が強いですし、憧れのアイテムの一つですよね。
ですが白はそもそも膨張しやすい色なので、太もものパツパツっぷりに引かれてしまうこともあります。

正直よほど足の細い人でないと白スキニーは映えないので、あまり足の細さに自信がないう人は履かない方が賢明かも。

(4)だぼだぼなデニムパンツ

『だぼっとしたパンツは太って見えるからムリ!』(27歳/IT)

やっぱりだぼだぼなシルエットのパンツは太く見えやすいので要注意。
履くのはとても楽ですが、とにかくポッチャリした印象になりやすいのが特徴的です。

そのうえデニムは着こなしによっては地味なイメージになるため、余計に太見えしてしまうことがあります。


体型がすべてではありませんが、やっぱり男性にとって理想的なのはきれいな体型の女性。
思わず二度見されるような太見えだけは避けて、慎重にコーデを選びたいところですね!

(恋愛jp編集部)