「背が小さいと可愛らしくていいよね」っていうけれど、低身長の女子からすればそこまで褒め言葉ではありません。
背が低いと、足が短く見えるし、流行りのゆったりコーデも服が目立ちすぎてしまいがち……。

今回は、低身長さんのための「身長カバーコーデ」を4つご紹介します!

(1)ロングスカートはウエストマークをつけて目線を上に

『ウエストマークがあることでスラッとして見える』(28歳/IT)

低身長さんは、とにかく全体のバランスが命!
定番のTシャツとロングスカートを合わせる時は、できるだけ目線が上に行くように工夫してみましょう。

たとえばシャツインしてみたりベルトをつけて目立たせてみたり……。
ウエストマークをつけることで、全体のバランスがきれいになります。

(2)ピッタリトップスとワイドパンツは足長効果の基本

『ワイドパンツにはピッタリしたトップスを合わせるとスタイルよく見えるね』(29歳/営業)

低身長さん全員の悩みといえば、足が短く見えることでしょう。
足長効果を出すためには、トップスを短めにしてボトムの割合を増やすことがポイントです。

ただメリハリをつけることも大切なので、ピッタリしたトップスにボリューミーなワイドパンツを合わせてみるといいでしょう。

(3)ストライプ柄は低身長さんの強い味方

『ストライプ柄だと縦にスラッとして見えるから、身長低い子にはいいよね』(30歳/人事)

縦長効果が期待できるストライプ柄は、低身長さんの強い味方!
たとえばストライプ柄のワンピース1枚羽織るだけでも、無地ワンピースよりスラっとした印象になります。

その他、トップスやボトムのどこかにストライプ柄を取り入れることで、子どもっぽさがなくなり一気に大人っぽくなりますよ!

(4)トップスもボトムも中途半端な丈はNG!

『中途半端な丈だと、足が短く見えるからやめた方がいいかも』(27歳/営業)

逆に低身長さんにオススメできないのは、中途半端な丈のデザインの服です。
たとえばチュニックなのかワンピースなのかわからないトップスや、ひざ下あたりのスカートなど……。

とくに中途半端な丈のスカートを穿くと、低身長さんはより足が短く見えてしまいがち。
「見せるところは見せて、隠すところは隠す」コーデを意識すれば、失敗は少ないですよ!


低身長さんのための「身長カバーコーデ」を4つご紹介しました。

低身長さんは「メリハリ」と「縦長」を意識すれば、ちんちくりんな印象になることはありません。
この記事を参考にして、ぜひ自分に似合うコーデを見つけてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)