ネイビーは、デニムをはじめ、日頃のコーディネートでお世話になりやすい色です。
ただしネイビーの合わせ方によっては、とてつもなくダサく見えることも……。

今回は、定番ネイビーと「合わせてはいけない色」と「合わせるべき色」を4つご紹介します!

(1)ネイビーのワントーンコーデはちょっと上級者向け

『ネイビーのワントーンコーデってちょっと重たく見えがちかも』(28歳/SE)

ここ数年で、ワントーンコーデが流行り出しましたよね。
すべてのアイテムを1色に合わせるだけなので、誰でも簡単にイマドキコーデができるのが魅力的。

しかしネイビーのワントーンコーデは黒よりちょっと上級者向けなんです。
とくに夏にネイビーのワントーンは重たい印象になりやすく、似合う体型が限られるコーデになります。

(2)赤やピンクもおかしくはないけれど……

『ネイビーと暖色系の色を合わせると、小物とか合わせるものに困るよ』(29歳/営業)

ネイビーのスカートを使ったコーデは、実はマンネリしがちなんです。
白やベージュなど明るい色のトップスばかり合わせがちなので、楽だけど垢抜けた印象になりません。

赤やピンクなど暖色系の色と合わせるのも悪くはありませんが、そうなると今度はコーデに合う靴や小物が限られてしまいます。
赤やピンクもおかしくはありませんが、着まわしすることを考えると手が出にくい色合いでしょう。

(3)ネイビー✖グリーンで大人っぽく

『ネイビーとグリーンの組み合わせは大人っぽくてオシャレ』(29歳/サービス)

先ほど、ネイビーのワントーンコーデは上級者向けだという話をしました。
しかし同じ寒色系の色と合わせると一気に大人コーデが完成するのでオススメ。

その中でも一押しするのが、「ネイビー✖グリーン」です。
ネイビーのフレアスカートにグリーンのノースリーブと合わせることで、まとまりのあるキレイめファッションの出来上がり!

(4)どんな組み合わせもOKなのがネイビー✖白

『ネイビーと白の組み合わせは一番まとまりがいいよね』(29歳/人事)

ネイビーと一番相性がいい色といえば、ズバリ「白」です!
トップスやボトム、ワンピースや小物系関係なしで、ネイビーと白を組み合わせておけば失敗することはありません。

たとえばネイビーのワンピースに白のサンダルを合わせるだけで、まとまりのあるコーデが完成しますよ。


定番ネイビーと「合わせてはいけない色」と「合わせるべき色」を4つご紹介しました。

普段着る機会が多い色だからこそ、合う色と合わない色はチェックしておきたいですよね。
この記事を参考にして、皆さんも素敵なネイビーコーデを楽しんでください!

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?