好きなファッションを着ているだけだからなんて思っていても、似合っていないファッションはNGコーデ。
可愛くキメているつもりが、周りからはイタイ女と思われているかも……。

そこで今回は、イタイ女の「NGファッション」と大人女子の「OKスタイル」を紹介していきます。

(1)NG若作りコーデ

『痛々しいとしか言いようがない。一緒に連れて歩くのは勘弁』(30歳/不動産)

明らかに10代の子が着るようなファッションは、若作りコーデ。
童顔だから大丈夫!なんて、自分だけの言い訳。

ミニスカートや露出が多い服、大きめのリボンやフリルが多用してあるファッションはNGコーデです。
年齢によって似合うファッションは変わってくるので、変化をきちんと理解しましょう。

(2)OK若く見えるコーデ

『爽やかで自分に似合っている服装が、若々しく見えるんだと思うよ』(27歳/広報)

大人女子は、若作りコーデではなく、若く見えるコーデに変えていきましょう。
若く見えるためには、自分に合った年齢の服を着ること。

そして自分の体型に合った服やデザインを知ることが大事。
明るめの印象を作れば、自然と若く見えるコーデになりますよ。

(3)NGムリしたトレンドコーデ

『トレンド追って、頑張ってます感が出ている人はダサい』(28歳/企画)

トレンドを追いかけ過ぎて、全身トレンドコーデにすると、ムリをしている感がでるもの。
それは自分の体型や年齢に合っていないから。

もちろんトレンドは大事ですが、すべてのトレンドが万人に似合うわけではありません。
センスも疑われるので、自分に似合うトレンドかどうか見極めましょう。

(4)OK大人トレンドコーデ

『シンプルだけど古臭くない女性がオシャレだと思う』(31歳/金融)

トレンドばかりを気にするのではなく、自分に似合うものを取り入れることが大人女子のコーデ。
定番アイテムとトレンドアイテムを上手に組み合わせることが、大人トレンドコーデです。

そのためには自分に似合うデザインを知っておくことが大事。
そのうえでどのトレンドを取り入れるかを考えましょう。


年齢や体型に似合わないファッションは、イタイファッションと思われるもの。
大人女子はムリしたコーデはせず、着心地がイイものを選んでいます。

年齢の変化によって自分に似合う服は変わってくるので、変化に合わせてコーデできるようになりましょう。

(恋愛jp編集部)