気になる男性から返信が欲しい……でもそのLINEの内容大丈夫?!

今回は男性が返信に困るアウトなLINEの特徴についてお伝えします。
あなたもこれからご紹介するようなLINEを送ってしまっていませんか?

(1)まるで日記……要件がないなら送らないで

『日記みたいなLINE送られてきても反応に困るし、用がないなら送ってこないでほしい』(29歳/広報)

異性とのLINEに慣れていない、でも何か送りたい。
そんなあなたはついつい日記調のLINEを送ってしまっていませんか?

「友達と遊んできました。ランチのパスタ美味しかったです!」
なんて送ってこられても、「あ、そう!」で終わってしまう。

でも「あ、そう!」と送るわけにいかないから返信を考えさせてしまうわけです。

(2)だらだら長文……読むのが面倒

『長文すぎると読むの諦めちゃうんだよね……。結局既読スルーしてしまう』(27歳/商社)

何が言いたいかわからない上に長文すぎて画面をスクロール。
まず読むのが面倒くさいです。

あなたは男性が究極の面倒くさがりということをまず理解したほうがいいでしょう。

長文によって彼に面倒な読む時間を与えてしまっているのです。
彼のことを思うなら、どんなに話したいことがあっても短文にするべし。

あまりにも話したいことがあるのなら電話にしたほうがいいかもしれません。

(3)LINEに気づくまでスタンプを送る……暇なのか?

『ぱっとLINEを見たら通知が凄いことになってて、慌てて確認したらスタンプ連投……。めちゃくちゃウンザリした』(31歳/企画)

壁から覗くスタンプってとっても可愛いですよね。

せっかくの可愛いスタンプなのに色々なスタンプを連続して送るという行為で可愛さも半減。
とてももったいないことをしています。

あまりに送りすぎると、ただただ彼をイラつかせてしまう。
暇なの?迷惑なんだけど……と思われることになってしまいます。

(4)いつも否定的……LINEしたい気持ちも萎える

『いつもいつも否定的なことばかり言われてると、LINEしたくなくなる』(29歳/サービス)

自分に対していつも否定的な女性がいますよね。
しかも親しくなっていく段階で隠していた本性が現れてきます。

男性は楽しいあなたとLINEをしていたいのですよ。

ときには否定的になってもいいけれど、毎回は男性が逃げたくなるのでやめましょう。
LINEしていたい気持ちも萎えさせてしまいます。


これ私じゃん!って当てはまった項目はありませんでしたか?

男性へのLINEは開いた時に簡潔で言いたいことがすぐに伝わる文面でなくてはなりません。
男性から返信が欲しいのならこれらに気をつけて文面を考えましょう。

(恋愛jp編集部)