気になる男性から返信がくるようなLINEを送りたいですよね。
できれば自分のことを考えてくれて、気を引きたい気持ちもあるはず。

乱用禁止ですが「ほっとけないLINE」なら、その両方が叶うかも。
そこで今回は、男子が思う「ほっとけないLINE」を紹介していきます。

(1)いつもとは違ったLINE

『いつもと雰囲気が違うと、どうしたのかなって気になる』(32歳/サービス)

いつも送るLINEとは違うものを送ると、気になって返信したくなるもの。
たとえばいつも絵文字やスタンプを多用しているなら、文字だけのLINEにするなど。

雰囲気が違うと、「何かあったのかな?」と妙に気になり返信したくなります。
ただし文字だけLINEをずっと続けると嫌われたのかなと男性が思ってしまうので、ほどほどに使用しましょう。

(2)シュールなスタンプ

『クスって笑えるシュールなスタンプって、思わずかまいたくなる』(30歳/広告)

ちょっと嫌なことがあった時や疲れている時って、気になる男性に心配して欲しいって気持ちがありますよね。
しかしネガティブなLINEを送ってしまうと、重いと受け止められるかも。

そこでちょっとシュールなふざけたスタンプを送ってみましょう。
「疲れた」スタンプでも、ちょっとシュールなものなら、思わずクスっと笑ってしまい返信したくなりますよ。

(3)かまってLINE

『たまになら、可愛くてイイ!』(29歳/広報)

いつもかまってちゃんではウンザリされますが、たまのかまってLINEは可愛らしく見えるもの。
この時メンヘラ気味のかまってちゃんはNG。

素直に明るく「かまって~」と伝えてみて。
気軽にLINEできる間柄なら、「仕事大変だったの~癒して~」などでもOK。
かまってくれたなら、「ありがとう」と伝えることも忘れずに。

(4)ボイスメッセージ

『女友達からボイスメッセージが届いて、面白くて最近では自分から送ってる』(27歳/企画)

LINEのボイスメッセージ機能を使ったことがありますか?
普段あまり使うことが少ない人なら、急に送られてくると興味を引くもの。

ただし何度も送ると当たり前になってしまうので、ここぞという時だけ。
そしてある程度仲良くなっていることが必要ですよ。


「ほっとけないLINE」を送りたいなら、相手が「ん?」と気になるLINEにすること。
ただし何度も送ると面倒に思われるので、乱用禁止。
ちょっとだけ気になるLINEで、気になる男性との距離を縮めてみて。

(恋愛jp編集部)