こんなことなら付き合わなければよかった……。
男性に付き合ったことを後悔させるなんて悲しすぎます。

今回は男性に後悔させてしまう女性の特徴についてお伝えします。

(1)極度のかまってちゃん

『あまりにかまってちゃんすぎると、付き合う人間違えたかも……って思っちゃいます』(28歳/商社)

彼の仕事中も朝も昼も夜も連絡をしてしまう極度のかまってちゃん。
携帯を見たらスタンプ20件にゾッとしてしまいます。

女性選び間違えた~!って男性は後悔するのです。
かまってちゃんの女性はとにかく自己中心的で寂しがり屋。

相手の状況など考えられません。
でも彼への迷惑行為に自分で気づかないと近いうち彼離れていっちゃいますよ。

(2)話が大きい

『いちいちものすごく話を盛られると面倒くさい子だなって感じてしまう』(27歳/販売)

とにかく話を盛る女子がいますよね。
注目されたい!目立ちたいという思いから話を盛ってしまうのでしょう。

「〇〇ちゃんすごいね!尊敬しちゃう!」
こんなふうにもてはやされるのはとても嬉しいものです。

でもあまりやりすぎると周りに人がいなくなってしまいますよ。
「あの子いつも言ってるだけでたいしたことないよね!」

なんて評価をされてしまいます。
彼氏という立場になればなおさらあなたにガッカリすることでしょう。

(3)彼の仕事への理解を示さない

『仕事の事情をまったく理解してくれなくて、この子とは付き合っていけないなって思った』(29歳/コンサル)

仕事に真摯に向き合う頑張り屋さんの彼氏、素敵じゃないですか。
その彼をもっと素敵に成長させるのはあなたにかかっています。

アゲマン彼女できていますか?
もし「仕事と私どっちが大事なの?」なんて禁句を言ってしまっているとしたらその付き合いは一気に怪しい雲行きになっていきます。

男性にとってはどちらも大切で比べること自体間違っていると思っている。
状況的に仕事を優先しなければいけないことがほとんどです。

そこは彼女として理解してほしいと思うのが男心ですね。

(4)異性の友人が多い

『付き合ってみたら、男友達とばかり遊んでて、嫌な気持ちになることが多かった。長く付き合っていくのはムリだなって思いました』(27歳/SE)

付き合ってみたものの異性の友人が多すぎる。
信じていてもさすがに男ばかりのところに泊りに行くのはやめて欲しいと思うものです。

男性の友人が多かったとしても彼氏への配慮がきちんとできていれば問題ありません。
2人で会ったり、泊りに行ったりして彼氏に心配をかけないようにしましょう。

気持ち的に疲弊して別れる方向に考えさせるきっかけを与えてしまいます。
彼氏のことを考えるなら、異性の友人とは連絡を取らないことがベスト。

でも素敵な彼氏ならきっと大切な友人なんだから俺のためにそこまでする必要はないと言ってくれるはずです。
その言葉に甘えすぎず、あなたのことも友人のことも大切に思ってくれる彼氏に心配させないようにしましょうね。


大好きな彼に付き合いを後悔させないためにも、彼に対していつも思いやりの気持ちを持ちましょう。

本当は仕事も思いっきり取り組んでもらいたいと思っているはずですよね。
精神的にも強くなって、いつも彼氏の立場で物事を考え判断したいものです。

(恋愛jp編集部)