気になる彼とLINE、最初は楽しくやり取りしていたのに、だんだん既読スルーが増えてきた……なんてことありませんか?
それもしかしたら重い女と思われたのかも!

そこで今回は、「重い女のLINEの特徴」を紹介していきます。

(1)長文

『一言の返信に対して、5行くらいで返してくる人』(27歳/営業)

会話をしているようにやり取りできることが、LINEのいいところですよね。
それなのに毎回長文で返してくると、自己主張が強く重い女と思われます。

もしお付き合いしたら、毎回長文でのやり取りを強制されるようでウンザリするもの。
長文は読むのも返信するのも面倒に思う男性は多いので、短文でのやり取りを心掛けましょう。

(2)即レス

『秒で返信されるとプレッシャー』(31歳/コンサル)

毎回返信が早いと、自分も早く返さないといけない気がしてプレッシャーに感じるもの。
常にスマホを見ていて依存している印象もあるので、重い女認定されます。

このタイプは返信が少しでも遅いと、連投する傾向があるのでガツガツしている印象に……。
わざわざ長い時間返信を遅らせる必要はありませんが、相手の返信速度に合わせるようにしましょう。

(3)絵文字多め

『自分のテンションを押し付けてくる感じがする』(29歳/人事)

絵文字はLINEを彩るのに必要なものです。
しかしあまりにも絵文字が多いと読みにくい上、テンションが高い印象を与えるもの。

自分を可愛く見せようと必死に見え、重たい印象になります。
絵文字は感情を表すくらいに留めて、使いすぎに注意しましょう。

(4)ネガティブワード

『メンヘラ臭がする』(25歳/IT)

毎回ネガティブワード全開だと、重い女と確定。
ネガティブなLINEをされると、ネガティブな気分になるので、その相手にいい印象は持たないもの。

相談しているつもりだったり、かまって欲しいだけだったりするかもしれませんが、相手にとっては面倒な相手。
たまに愚痴るくらいならいいですが、毎回では嫌になって当然ですよ。


既読スルーされたり、素っ気ない返信が続いたりするなら、重い女と思われているかも。

自分のLINEを一度、客観的に見てみるといいかも。
相手とのバランスを考えて、見直してみましょう。

(恋愛jp編集部)