些細なことで大好きな彼氏と喧嘩。
怒りで我を忘れ、つい思ってもいないことを口にした経験はありませんか?

そこで今回は、喧嘩中に「勢いで言ってはいけないNGワード」を紹介します。
後悔しないためにもぜひ参考に。

(1)「あなたとはやっていけない」

『いくらケンカ中だからって、これを言ったら終わりだよね』(29歳/販売)

たとえ喧嘩中でも言ってはなりません。

喧嘩していると冷静な判断ができなくなり、その場の負の雰囲気や相手への怒りが勝るため、「この先、やっていけるわけない!」と思い込んでしまいます。
相手も同じように怒っているので、別れてもいいかなと思わせます。

怒りに任せて、「やっていけない」など交際自体を終わらせる言葉を使うのは絶対やめましょう。あとで本当に後悔しますよ。
そうならないためにも、一度落ち着くようにしましょう。

(2)「顔も見たくない」

『そんなこというなら別れる?って思ってしまいます』(27歳/SE)

怒っていると、だんだん相手が憎くなってしまうことも。
そのいきの感情で、つい「顔も見たくない!」と言ってしまいます。

ですが顔も見たくないと言われた本人はきっと傷つくでしょう。
本来は毎日でも顔を見ていたい存在です。

ちょっとしたことでその一瞬は顔を見たくないほど嫌いではありますが、冷静になればその思いはすぐ消えます。
彼氏の顔を見たくないのであれば、視線を合わせないようにするなどして、少し彼氏と距離を取るようにしましょう。

(3)「付き合わなきゃ良かった」

『どれだけケンカしてても、こんなこと言われたら凄くショック』(30歳/コンサル)

これは彼にとっても失礼です。
これを言ってしまっては交際自体に疑問を抱かれてしまいます。

「俺のことは遊びだったのか!」と逆に怒らせてしまう可能性もあります。
決して「付き合わなきゃ良かった」などと、彼氏との交際があたかも損であるような言葉は言ってはいけません。

(4)「元彼のほうが良かった」

『元彼と比べるくらいなら元彼と戻ればいいんじゃない』(27歳/人事)

男性はプライドを傷つけられことを一番嫌います。
いくら喧嘩中とはいえ、元彼と比べるような発言は言語道です。

元彼と比べるなんて最悪です。
あなたも元カノと比べられると激しく嫉妬を覚えますよね。それと同じことです。

自分が嫌なことは相手も嫌なことです。思いやりを忘れずに。


喧嘩すること自体は悪いことではありません。
しかしカッとなっているからと言って勢いで言ってはいけない言葉もあります。

どんなときでも相手を思いやる気持ちを忘れずに、いつまでも仲良しでいてくださいね!

(恋愛jp編集部)