自分を美しく魅せるコーデは、スタイルをキレイに魅せること。
可愛いコーデからイイ女コーデへアップデートしてみませんか?

そこで今回は、スタイルよく「私を魅せるイイ女コーデ」について紹介していきます。

(1)自分に合ったサイズを選ぶ

『ムリヤリ細身な服を着ている人は、返って太って見える』(27歳/人事)

細身のデザインは、必ずしもスタイル良く見えるわけではありませんよね。
自分に合ったサイズを選ぶことが大事。

それはビッグサイズのアイテムをラフに着こなす時も同じです。
服だけを見た時と着た時とではシルエットが変わってくるので、必ず試着をして自分をキレイに魅せてくれるアイテムを選びましょう。

(2)上下のバランスを考える

『ゆるっとしたコーデでもオシャレな人と野暮ったい人がいるよね』(30歳/サービス)

個々のアイテムがキレイなシルエットだからといって、コーデした時にスタイル良く見えるわけではありません。
上下のバランスを考えてコーデすることが大事。

トップスの着丈とボトムスの裾丈がバランス悪いと、どんなに素敵なアイテムでも、全体的にぼやけてしまうもの。
靴を含めた全体のバランスを、鏡で確認するようにしましょう。

(3)程よく肌見せする

『日焼けが嫌なのかわからないけど、肌を全部隠している人は垢抜けないと思う』(26歳/営業)

過度な露出はイイ女といえませんが、程よく肌見せすることはキレイなスタイルを作るのに欠かせません。
首、手首、足首を出すことで、キレイなスタイルができるもの。

デコルテがキレイに見えるVネックにする、足首を出してパンプスを合わせるなど。
他にも透け感のあるアイテムをコーデすることで、涼しげで軽やかなコーデになりますよ。

(4)目線を考える

『全体的にもっさりしている人は、なんだか田舎くさい』(29歳/商社)

スタイル良く見せるためには、目線を考えることが重要。
そのためには自分の体型を把握しておくことが必要となります。

たとえば下半身に自信がないのならトップスに目線がくるようなデザインにする。
他にもウエストマークすることで全体的にキレイなスタイルを作ることが可能です。


イイ女コーデをするには、シルエットを考えることが一番大事。
そのためには自分のスタイルを知って一番キレイに見えるアイテムを選ぶこと。

鏡に写して確認する時は、前からだけではなく、横や後ろのスタイルも確認しましょう。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。