既読無視されることが多い人は、男性が嫌がるLINEを送っている可能性があります。
あなたは楽しくても、彼はめんどくさいと思っているのかもしれません。

今回は、女性がついやりがちなLINE失敗例を4つご紹介します。

(1)永遠に続きそうなLINE

『いつまで続くの……?って感じの、終わりがないLINEは段々イライラしてくる』(29歳/IT)

LINEのやりとりは、最初は楽しくても、だんだん話題もなくなってきてダラダラした会話が続くようになりますよね。
そろそろ終わり……と思ったらまた質問が来たりして、なかなか終わらないと彼もイライラ。

意味のない会話が続くのは、彼にとっても負担です。
いつまでも続くので彼は自分から終わらせるしかありません。

既読無視というより、彼は自分から終わらせたつもりかも?

(2)いつもネガティブ

『毎回毎回ネガティブなLINEが送られてくるのは疲れる』(27歳/企画)

ネガティブな内容のLINEが多い女性も既読無視されがちです。
きっと共感してもらったり、励ましてもらったりしたいのでしょうが、毎回それだと男性も面倒になってきます。

ネガティブなLINEを受け取ると嫌な気分になってしまうので、一緒にネガティブになるよりも、既読無視しようということになってしまいます。

(3)追いつかないほどの連投

『連投されすぎて返信が追い付かないと、もういいや……ってなってしまう』(28歳/営業)

まだ返信していないのに、彼女からどんどん連投されると、どれに返信すればいいかわからなくなってしまいます。
長文も困るけれど、細切れにどんどん連投されると、男性は面倒になってしまうみたいですよ。

話したいことがいっぱいあるとしても、相手の返信を待ってからにしましょうね。

(4)相手の都合を考えない時間帯

『夜中にLINEしてきて返信催促するなんて、常識がなさすぎる』(30歳/人事)

仕事中や寝てしまっているような夜中にLINEしても、すぐに返信はこないでしょう。
LINEがきたことに気付いて既読がついたとしても、返信は後回しになる可能性が高いです。

相手が返信できないような時間帯に送っておいて、「返信まだ?」なんて催促をすると、彼もめんどくさくなってしまうかもしれません。


LINEは好きなときに好きなだけ送ることができるので、気づかないうちに相手を困らせていることもあります。
ご紹介したような失敗例をやってしまっていないか、自分のLINEについて見直してみましょう。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条