既読無視どころか、既読もつかなくなってしまったら、ブロックされているのかもしれません。
ブロックされる理由に心当たりがなければ、LINEの内容が悪かったのかもしれませんよ。

今回は、男性がすぐにブロックしたくなる女性からのLINEを4つご紹介します。

(1)毎日しつこく送ってくる

『毎日毎日しつこいくらいLINEしてくる子は面倒くさい』(28歳/IT)

毎日LINEがきて「しつこいな」と思うようになると、男性はブロックしてしまうようです。

いくら親しくなりたいからといっても、LINEの頻度が高すぎると嫌がられることがあるみたいですよ。
相手から返信がこないのに、しつこくLINEするのはやめておいた方がよいでしょう。

(2)愚痴が多い

『愚痴ばかりいう子のLINEは読んで嫌な気持ちになる』(27歳/商社)

愚痴ばかりのLINEも読むと嫌な気分になるので、ブロックされる可能性が高いです。
愚痴をいう方はすっきりするかもしれませんが、読んだ方は嫌な気分になるものです。

LINEの相手はとても疲れているかもしれません。
そんなときに愚痴や陰口のLINEが届けば、疲れが増してしまうでしょう。

この人のLINEは見たくないと思われ、ブロックされてしまいます。

(3)内容がない

『ダラダラと内容のないLINEを送られても返信に困る』(28歳/SE)

日常の何気ない話をダラダラと伝えてくるのが嫌な男性もいます。
「〇〇したよ」「〇〇に行ったよ」というLINEが来ても返信に困ります。

とくに共通の話題もない相手なら、LINEしてもつまらないので、男性はすぐさまブロックしたくなるようです。

(4)返信が遅いと催促する

『返信の催促ってうっとうしい。催促された時点で返信する気が失せる』(30歳/コンサル)

既読がついたかチェックして、返信がこなければ催促してしまう人もいます。
既読をつけても「後でゆっくり考えて返信しようと思っている」「忙しくてすぐに返信できない」などの理由で即返信がこない可能性は十分あります。

平日の日中であれば、なおさらすぐに返信は難しいでしょう。
それなのに「既読スルーしないで」と催促すると、男性は「めんどくさい」と思ってしまい、ブロックしたくなってしまいます。


LINEは上手に使えば相手との距離を縮めることができますが、嫌われてしまえばブロックされて、メッセージを届けることができなくなってしまいます。
LINEの使い方で男性が不快にならないように気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?