LINEの返信はなるべく早くほしいものですが、催促すると嫌われそうですよね。
彼からもっと早く返信が欲しい人は、彼がすぐ返信したくなるような送り方をしてはいかがでしょうか?

今回は、男性が即レスしたくなるLINEの送り方4選をご紹介します。

(1)「今大丈夫?」と確認する

『最初に一言入れてくれると嫌な気持ちはしないし、わざわざ確認とるってことはもしかして急ぎかな?って思ってすぐ返信しますね』(29歳/金融)

電話なら「今話しても大丈夫?」と確認しますよね。
LINEでも「今大丈夫?」と書いてあれば、彼は「急ぎの用事かな?」と思って放置せずに気づき次第返信をくれるでしょう。

早く返信がほしいときに使ってみてはいかがでしょうか。

(2)「時間があるときに連絡して」

『すぐ返信して!って言われるより、時間ある時でいいよって謙虚に言われる方が返信したくなる』(28歳/コンサル)

言葉通りに受け取る人もいるかもしれませんが、「時間があるときに……」と謙虚な言い方をすれば、逆にすぐ連絡をくれる男性もいます。
彼の都合を考えて、遠慮がちな言い方をする方が好感を持たれるのでしょうね。

すぐに連絡をくれたら、「忙しいのに、連絡くれてありがとう」の一言を。
これで「彼女にはいつも即レスしてあげたい」と思ってくれるでしょう。

(3)まず体調を気づかう

『僕のことを気遣ってくれていることが伝わってくると、心配かけてるし、すぐに返信しなきゃって思います』(28歳/IT)

「毎日忙しそうだけど体調は大丈夫?」「風邪はもう治った?」など、彼の体を気遣いましょう。
自分の体調を気づかうLINEなら、嬉しくなって「すぐに返信しなきゃ」と思ってくれるはず。

優しい気持ちが伝わって、彼もつい即レスしてくれるでしょう。

(4)質問を入れる

『とくに用もなさそうなLINEより、質問をされた方が返さなきゃって気持ちになる』(27歳/営業)

定番ですが、何か質問をしてみましょう。
尋ねられると、彼は「答えなきゃ」という気持ちになるはずですよ。

しかし深く考えないと答えられないような質問だと、返信に時間がかかってしまいます。
すぐに答えられる内容にしておけば、即レスしてもらいやすくなるでしょう。


LINEの送り方を少し工夫することで、いつもより早めに返信をもらえるかもしれません。
急いで返事がほしいときには、彼がすぐ返信したくなるような一言を加えてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)