流行っているアイテムがあれば、去りゆくアイテムがあるのも事実。
今回は、絶対に覚えておきたい時代遅れコーデをご紹介します。

(1)トレンカ

『トレンカって一時期流行ったけど、今は見ないよね』(28歳/経営)

一時期、一大ブームを巻き起こしたトレンカ。
レギンス要素に加えて足の指すれすれまで生地がある特有のアイテムです。

流行りに答えるように、さまざまなタイプのものが出ましたが今はもう見かけることもありません。

入手するのも困難なほどなので、着こなしている女子は少ないですが、昔のものをクローゼットから引っ張り出して……
なんて事のないように。

(2)サルエルパンツ

『サルエルパンツって昔流行ったけど、結構難しいアイテムだよね』(27歳/美容師)

股下にたっぷりなゆとりのあるシルエットが印象なパンツ。
モード系が好きな人を中心に大きなブームとなりました。

今でも見かけることはありますが、シルエットの感じや生地感に注意しないとダサ見えに。
どうしても取り入れたいときは、ほどほどのコーデに仕上げるか、もしくはがっつりモードな突き抜けたスタイルを目指すのが○!

(3)デニムオンデニム

『デニムにデニムはダサいでしょ』(29歳/企画)

ダサいと言われていたデニムオンデニムのコーデ。
おしゃれな人々の圧倒的な着こなし力をベースに、おしゃれコーデの座に格上げされました。

そして今、そのトレンドは過ぎ去り、またしてもダサいコーデの代表格として浮上しています。
ダサいの?おしゃれなの?と、トレンドのアンテナを貼り続けなければ気づけない難しいコーデです。

(4)柄パンツ

『柄パンツって古さが目立つからやめてほしいな……』(27歳/マーケティング)

数年前に市民権を得ていた柄パンツ。
今ではすっかり見かけることはなくなりました。

春には花柄、夏にはボタニカルなど、コーデに季節を作り上げられる使えるアイテムではありますが、その目立ちっぷり故、トレンド落ちするのも早い。
目立つが故に、今履いてしまうとダサさが際立ちます。


トレンドを抑え続けることは至難の技ではありません。
しかしトレンド落ちを知っていることで、ダサ見えにはならなくて済むでしょう。

ぜひ今回の 4つを参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?