彼氏と一緒にお風呂に入るとき、上品な印象を与えたいという女性は多いはず。

男性に上品な印象を与える行動には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。
そこで、お風呂中、彼氏に「品がある」と思われる行動を4つご紹介します。

(1)背中を向けて髪を洗う

『髪を洗う時にそっと背を向けるのが気遣いだと思う』(28歳/広告)

髪を洗うとき、正面を向いて堂々と洗うと、品がなく男らしい印象を与えてしまいます。
髪を洗うときは彼に背中を向けると、恥じらっているような仕草が上品に見えるといいます。

そのため、髪や体を洗うときは彼に背中を向けて、ゴシゴシ洗っているところを見られないようにしましょう。

(2)お風呂を出るときはしっかり片付ける

『使い終わったシャンプーとかトリートメントがそのままだったら幻滅しますね』(25歳/経理)

一緒にお風呂に入ったあと、シャンプーやボディーソープがごちゃごちゃのままになっていたら女性らしくないですよね。
男性は意外とそうした女性の行動をチェックしているようです。

そのため、品がある女性だと思わせるには、お風呂を出る前にさりげなく整理整頓してから出るようにしましょう。

(3)髪をお団子にする

『湯船に浸かる時に髪が浸からないようにまとめてるのを見た時は安心しました』(31歳/銀行)

旅行の際など、お部屋に温泉があるホテルに泊まる際には、マナーには充分注意する必要があります。
湯船に浸かるときには、髪の毛が入らないようお団子にしましょう。

そうすることで、常識があり上品な女性という印象を与えることにつながります。

(4)静かに湯船に浸かる

『そっと湯船に入る姿って上品かつセクシーですよね』(24歳/人事)

体や髪を洗い終え、湯船に浸かるときには、豪快に入ると品がないと思われてしまいます。
湯船に浸かるときには、なるべく静かにそっと入るよう心がけましょう。

そうすることで、動作が上品に見えるので、色っぽい印象を与えることにつながります。


お風呂中、彼氏に「品がある」と思われる行動で、色っぽさをアピールすることができます。
そんな行動を心がけることで、彼を思わずドキッとさせちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)