キスが上手な女性は、男性から愛される傾向にあります。
そんな男性を虜にするようなキスには、さまざまな種類があるようです。

そこで、彼を虜にする「キスの種類」を4つご紹介します。

(1)ライトキス

『普段からチュって挨拶がわりにしてくれる彼女ってキュンとちゃうな』(29歳/企画)

ライトキスとは、唇ではなく頰やおでこに軽く「チュッ」とキスをする方法です。
「おはよう」「おやすみ」の挨拶の代わりにライトキスをすると、男性は思わずキュンとしてしまうようです。

ぜひ、日頃から何気ない挨拶の代わりに、ライトキスを取り入れてみることをおすすめします。

(2)ジェントルキス

『触れるか触れないかくらいのキスって興奮しますね』(27歳/商社)

ジェントルキスは、唇と唇が軽く触れるか触れないか程度のキスのことをいいます。
ジェントルキスをする際にあえて焦らすように唇を離すと、男性はドキドキして我慢できなくなることも。

ポイントとしては、焦らすように唇の先だけ触れるようにすると、相手の興奮を誘うことにつながります。

(3)シングルリップキス

『キスって唇同士じゃなくて少し上下にずらした方が密着しますよね』(31歳/広告)

シングルリップキスは、相手の上唇に自分の下唇を重ねる、またはその反対のキスの方法のことをいいます。
そうすることで、唇と唇が密着し、お互いに愛情を確認し合うことができます。

シングルリップキスは、女性からリードすると男性を虜にすることができるので、彼を誘う際にはぜひ試してみることをおすすめします。

(4)スメルキス

『見つめながら映画みたいなキスで虜にされました』(33歳/教員)

スメルキスは、鼻と鼻を擦り合わせて、見つめ合いながらキスをする方法のことをいいます。
お互いの匂いを確かめるようなキスで、男性を焦らしながら興奮を誘うことにつながります。

キス以上のことを求めているときには、スメルキスで彼を誘い、あなたの虜にしてみてはいかがでしょうか。


彼を虜にする「キスの種類」はさまざまありますが、なかなか勇気が出ない女性も多いはず。
男性を虜にしたいなら、緊張する気持ちを抑えて、思い切って挑戦してみましょう。

(恋愛jp編集部)