女性から感じる好きな気持ちを知って、相手をさらに意識してしまう……という恋の始まりは意外と多いもの。
LINEでもそんな「好き見せ」から、相手の女性を好きになってしまうことはよくあります。

好きな人を意識させるなら、ぜひそんな「匂わせ」的なLINEを工夫していきたいところですね。
そこで今回は、男性が不意にドキッとした女性の好き見せLINEについてまとめてみました。

(1)「一緒にLINEしてると楽しいよね」

『LINEしてると楽しいなんて言われたらドキッとしちゃいますね』(28歳/金融)

一緒にLINEしていると楽しい……そんな一言をもらえば、男性は誰だってドキドキするものです。

接していて楽しいと感じられる人と、恋愛関係になることは当然のこと。
それならもしかしてこれって……!と思わず期待してしまう男性は多いでしょう。

(2)「一番応援してるから!」

『こんなこと言われたらもしかして……って気になっちゃいます』(29歳/マーケティング)

「一番」という特別感あふれる言葉にドキッとする男性ももちろん多いでしょう。
そんな特別なワード付きでエールをもらったら、意識せずにはいられないはずです。

もしかして好きなの……?と考え始めてしまったら、もはや仕事にすら集中できないほどでしょう。

(3)「私も今送ろうとしてたとこ」

『LINEを送るタイミングがシンクロするのって、相性がいいみたいでキュンとする』(31歳/SE)

LINEで彼にシンクロしていることを伝えるのも、実はかなり効果的です。
たとえば彼からLINEが来たら、「私も今送ろうとしてたとこだったんだよ」と送ってみましょう。

そんな親近感たっぷりのメッセージをもらえば、男性はキュンとして当然なもの。
これは気持ちが通じ合っていることの表れ……!?と期待してしまうはずです。

(4)「好きになっちゃうよ?」

『こんなこと言われたらこっちこそ好きになっちゃうよ!』(30歳/販売)

もっとストレートに、「好きになっちゃうよ」とLINEで送るのも可愛らしいですし、破壊力は抜群ですね。
好きになっちゃう?もう好き?どっちなの……と男性の中ではドキドキが止まらなくなります。

たまにはそんな大胆な一言をLINEして、彼を翻弄してみるのも素敵ですね。


女性の好き見せLINEにドキッとして、そこから恋愛感情が芽生えるパターンはかなり定番なもの。
彼を振り向かせるまであと少し……!と思ったら、思い切って好き見せLINEで積極的なアプローチをするのもいいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?