気になる彼とデートの予定があるという方、コーデに悩んでいませんか?
彼の前では、自分の良さが引き立つようなファッションでいたいですよね。

今回は、男が感じるダサい女性の「あるあるコーデ」をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)若作り

『あまりにも若すぎる服装は若作りしてるみたいでダサい』(29歳/人事)

年下の彼とのデートに、若いファッションで挑もうと考えている方は、注意が必要です。

女性には、その年齢に合ったファッションがあるので、若作りしなくても大丈夫。
年齢をうまく活かして、大人の色気を演出しましょう。

(2)体型に合っていない

『自分の体型に合った服を着ないとダサい』(27歳/営業)

いくらトレンドを抑えていても、自身の体型に合っていなければ浮いてしまいます。

背の低い女性は、ロングスカートやワイドパンツのように、シルエットが大きいアイテムを着るときは注意が必要です。
全体的にだぼっと見えてしまうので、トップスはタイトなものを選んでみてください。

ゆったりとしたトップスを着たいというときは、足元を露出するようなボトムスがオススメ。
ジーンズをロールアップしたり、ヒールで足元をすっきり見せるのも、使えるテクニックです。

(3)色が多い

『色が多すぎるファッションって、いくらアイテムがオシャレでも全体のバランスが悪くなるよね』(28歳/SE)

暑い季節には、色物に挑戦したくなりますが、オススメは全体の使用カラーを3色までに抑えること。
そうすることで、コーデのバランスがよくなります。

黒と白で2色とカウントすると、重くなりがちなので、何かカラーを足してみてください。

(4)露出度が高い

『露出度が高いファッションは色っぽいというより下品』(29歳/IT)

セクシーさを出すために、露出度が高いファッションをしていませんか?
大人の色気とは、肌の露出だけではありません。

立ち振る舞いや、清潔感のある髪、香りなど近距離で感じるポイントに力を入れてみてください。


今回は、男が感じるダサい女性の「あるあるコーデ」を紹介しました。

せっかくのデート、隣で歩く彼に、好印象を与えたいですよね。
コーデを考える際や、お買い物の際の参考になればうれしいです。

(恋愛jp編集部)