お付き合いするにあたり、趣味は意外とウェイトを締めています。
もちろん趣味があることはとても素敵なこと。

しかしまだあまり親しくない男性に、趣味だけで恋愛対象の判断をされると困りますよね。
そこで今回は、意外な落とし穴がある「男ウケの悪い趣味」を4つ紹介していきます。

(1)お菓子作り

『家庭的アピールって感じがする。わざわざ趣味としていう必要ないんじゃないかな』(31歳/アパレル)

好きなお菓子を自分で作るなんて、素敵な趣味ですよね。
しかし男性からは好き嫌いが分かれる趣味。

家庭的アピールや可愛い女アピールをしているように見え、引いてしまう男性も……。
付き合えば作ったお菓子を食べなくてはいけないかと思い、ゲンナリするみたい。

(2)ダーツ

『遊んでいるイメージ』(27歳/営業)

ダーツが趣味という男性も多いので、共通の話題として使える趣味のように思えますよね。
しかしどうしても夜の印象が強くあるもの。

とくにダーツを趣味としていない男性は、夜な夜な飲みに出掛けている印象を持ちやすいみたい。
ダーツが趣味という男性以外は、わざわざ自分から趣味を公表しないほうが無難かも。

(3)占い

『スピリチュアル系は闇がありそうで怖い』(29歳/コンサル)

占いが好きな女性は多いですよね。
普通に楽しむだけならいいですが、趣味と言い切ってしまうと引かれる可能性があります。

それは精神的なものが絡んでくるスピリチュアル系を苦手と思っている男性が多いから。
また占いに頼りすぎると依存体質な印象になり、怖いと感じる男性も……。

(4)御朱印集め

『なんかミーハーっぽくてイヤかな』(26歳/金融)

最近とくにブームとなっている趣味なので、御朱印集めが好きという女性も多いと思います。
しかしブームにのっている感じが、流行りモノに飛びつくミーハーな印象になるもの。

またパワースポット巡りなどのスピリチュアル系と同じと思われることも……。
悪い趣味ではないですが、男性は女性よりスピリチュアル系に興味がない人も多いので要注意。


趣味は自分が楽しんでいることなので、いいも悪いもありません。
しかし趣味の話で恋愛対象外になることは避けたいですよね。

男性によって趣味の扱い方は違うので、信頼関係ができてから伝えたほうが無難かも。

(恋愛jp編集部)