自分から愛を伝えるのって恥ずかしいし、難しいものです。
そんなシャイなあなたは、彼から告白させるように仕向けちゃえばいいんです!

彼に告白させるためにはどうすればいいのか、その方法を伝授します。

(1)準備OKなことをアピールする

『フラれるかもしれないって思ってるとなかなか告白できない……』(28歳/アパレル)

彼が告白してきてくれないのはいくつか原因が考えられますが、その要因の一つとしてフラれるかもと思っているからかも。
彼氏がいないことはもちろん、「あなたが好きという」気持ちは「好き」という言葉を使わずどんどん彼に伝えていきましょう。

男性は基本的に褒められるのが好きです。
女性以上に鈍感な生き物なので、少しくらい大げさでもOK!

彼のいい所をどんどん褒めていきましょう。

(2)「あなただけ」を使おう

『特別な存在だって思えると自信がつく』(28歳/マーケティング)

何を伝えるにしても「あなただけ」と頭につけて話をするのを意識してみてください。
特別感を演出していきましょう。

あなたといるから楽しい、あなたと食べるご飯は美味しい、あなたと話すのが嬉しいといった感じです。
他の人に対してとは違った特別な感情を持っているというのを彼に分かってもらいましょう。

(3)女の子を忘れない

『男友達のような関係でも、女の子らしさがあるところを見ると一気に意識しちゃいます』(27歳/SE)

彼に好意を伝えつつ、さりげなく女性らしさもアピールしてみましょう。
目指す関係は「友達」ではなく「男女の関係」だということを彼に理解させなければいけません。

具体的には、オシャレを頑張ったり、自分磨きを頑張ったり。
「この子と付き合いたい!」って思われるよういつでも可愛くてキレイなあなたでいましょう。

(4)ドキッとさせよう

『いきなり顔が近づくと、凄くドキドキする』(30歳/経営)

接近戦はリスキーですが、彼と信頼関係がある程度築けた状態なら、現状を進展させるきっかけになります。

ふとした瞬間に彼との距離を近づけてみましょう。
「ん?今なんて言ったの?」なんて顔を近づけてみるのもいいかも。

物理的に距離感を縮めることは、心の距離を縮めることにも繋がります。
彼をドキドキさせて女性として意識させましょう。


彼が告白に踏み切れない理由はいくつか考えられます。
待つ女でありながらも、下準備は余念なくしましょう。

彼が抱えているさまざまな要因をクリアにする手助けが出来れば、彼から告白されるのはもう目前でしょう♡

(恋愛jp編集部)