大好きな彼氏に「疲れた」と言われてしまうと、とてもショックですよね。
どんなきっかけで彼はこのような気持ちになってしまうのでしょうか?

今回は彼氏が彼女に「疲れてしまう瞬間」をまとめてみました。

(1)自分のことばかり

『自分の話ばかりしてる子って一緒にいても退屈』(28歳/広告)

男性といるとき、ついつい自分の話ばかりしてしまいませんか?
一方的な話題が続けば相手は退屈ですし、楽しい会話とは思えません。

お互いに心地よい会話をするためには、自分が話した後には相手にも話題を振ることが大切。
自己開示を繰り返すことで、むしろ仲を深めることができます。

(2)わがまま

『ワガママな子ってちょっと付き合いきれない』(29歳/サービス)

「わがまま」とは自分勝手に相手をコントロールしようとする行為のこと。
いわば相手の自由を奪う行為ともいえます。

恋愛初期は「相手に好かれたい」という気持ちが勝り、わがままにも応えたいを感じるもの。
ですが男性が自己犠牲になる行為であることから、次第にストレスが積もって疲れてしまします。

(3)束縛してくる

『束縛が激しすぎるとしんどくなってくる』(27歳/マーケティング)

前述したように、他人へ干渉しすぎるとストレスを与えてしまいます。

「束縛」も代表的な干渉の1つ。
彼の行動を監視したり制限すれば「逃げ出したい」と思うでしょう。

また「束縛」は相手を信用していないからこそ生じる行為。
言葉の節々から疑いの念が感じ取れ、男性はウンザリしてしますのです。

(4)依存的

『お互い自立した関係でいたいですね』(28歳/営業)

「愛情」と「依存」を混同してしまうことがあります。
相手にのめり込みすぎたり、相手がいないと幸せになれないのが依存です。

そして依存が深まると相手と自分の境界線が曖昧になります。
多くの場合「相手に求めること」が増えてしまうのがその特徴。

程よい自立心は、長期的に見て男性との関係性は良好に保つ効果があります。


どの項目も「男性が歩み寄る前提」の関係性といえます。
男性側が強いられる負担は、次第に追い詰めてしまうでしょう。

どちらか一方に負担のかかる関係性にならないよう、男性の心にもしっかりと気を配ってケアできるといいですね。

(恋愛jp編集部)