男性だって彼女に甘えたいし、「構ってほしい」と思うときもあるものです。
しかし男性の構ってほしいアピールは、わかりにくいこともありますよね。

今回は男性が彼女に「構ってほしい」と感じる瞬間4選をご紹介します。
彼がどんなときに構ってほしいか理解しましょう。

(1)寂しいとき

『寂しいときは彼女にすごく構ってほしくなる』(28歳/SE)

男性も女性と同じように寂しくなったら構ってほしくなります。

仕事が忙しいときは寂しいと思うヒマもありませんが、仕事が一段落して時間ができると今度は寂しくなって、彼女に構ってほしくなるのです。
彼が構ってほしそうに電話してきたら、寂しいのかもしれませんよ。

(2)落ち込んでいるとき

『落ち込んでるときには彼女にそばにいてほしいですね』(27歳/商社)

仕事で失敗して落ち込んでいるとき、1人で過ごすとネガティブなことばかり考えがちです。
そんなときは誰かに優しく癒してほしくなります。

一緒にいるだけで元気をくれるような女性なら、男性も「構ってほしい」と思うでしょうね。

(3)愛情を確認したいとき

『愛情を感じたくて構ってほしがっちゃうときがありますね』(29歳/人事)

彼女ができたことが嬉しくて、愛情を確認するために構ってほしがる男性もいます。

自分に構ってくれることで、愛情を実感できるのでしょうね。
こんな彼には自分の方から愛情表現して安心させてあげましょう。

(4)嫌なことを忘れたい

『嫌なことがあった時、彼女に構ってもらいたくなります』(27歳/営業)

嫌なことがあったとき、彼女に構ってもらうことで気分転換ができるでしょう。
彼女に構ってもらえたら、嫌なことも忘れられます。

このような彼にとって、彼女は気分をリフレッシュしてくれる存在。
嫌なことがあった彼を甘えさせてあげたいですね。


男性はなかなか自分から「構って」とは言えないので、構ってほしそうにしていたら、すぐに気づいてあげたいですね。

あなたに構ってもらうことで、彼はネガティブな気持ちを切り替えることができます。
甘えたがっている彼をたっぷり可愛がってあげましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー